ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年9月13日 / ページ番号:C000443

文化財紹介 赤山通りの石造地蔵菩薩立像

このページを印刷する

赤山通りの石造地蔵菩薩立像
赤山通りの石造地蔵菩薩立像
指定の区分 市指定 有形文化財(歴史資料)
指定名称 あかやまどおりのせきぞうじぞうぼさつりゅうぞう
赤山通りの石造地蔵菩薩立像
員数 1基
指定年月日 平成10年5月11日
所在地 中央区本町東5-8-6先
概要 江戸時代後期(推定)。像高181.0センチメートル。声聞形。右手先欠損するも宝珠を持つ通常の形態。胸・胸部の損折は安政の大地震のものと見られる。上町と中町にあったという伝承。
関連図書 『与野市文化財報告書』第23集(与野市教育委員会、1998年発行)
『与野市の文化財』(与野市教育委員会、1988年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者や参拝者の迷惑とならないようにお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る