ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年9月13日 / ページ番号:C002178

文化財紹介 岩槻城裏門

このページを印刷する

岩槻城裏門
 
岩槻城裏門
指定の区分 市指定 有形文化財(建造物)
指定名称 いわつきじょううらもん
岩槻城裏門
員数 1棟
指定年月日 昭和56年5月12日
所在地 岩槻区太田3丁目
所有者 さいたま市
概要 薬医門形式の岩槻城城門。江戸時代の明和7年(1770年)に当時の岩槻城主大岡氏が建立し、文政6年(1823年)に補修の手が加えられたことが、ほぞの墨書銘でわかった。城内での所在位置は不詳で、「裏門」とのみ伝えられている。岩槻城廃城後、個人に払い下げられたが、昭和55年に市に寄贈され、現在地に移築復原された。
関連図書 『岩槻の文化財(岩槻の文化財シリーズ 1)』(岩槻市教育委員会、1981年発行)
『岩槻の指定文化財(いわつき郷土文庫 第1集)』(岩槻市教育委員会、1999年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者の迷惑とならないようにお願いします。
なお、外観のみの公開です。建物の内部は見学できません。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る