ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年5月17日 / ページ番号:C059542

市指定文化財「大圓寺木造聖観音菩薩坐像」「大圓寺古天明霰釜」が公開されます

このページを印刷する

市指定文化財「大圓寺木造聖観音菩薩坐像」「大圓寺古天明霰釜」が公開されます

通常は非公開となっている市指定文化財「大圓寺木造聖観音菩薩坐像」、「大圓寺古天明霰釜」が、5月25日より3日間特別公開されます。

大圓寺木造聖観音菩薩坐像
大圓寺木造聖観音菩薩坐像
大圓寺古天明霰釜
大圓寺古天明霰釜

「大圓寺木造聖観音菩薩坐像(だいえんじもくぞうしょうかんのんぼさつざぞう)」
大圓寺の本尊として伝来する像で、室町時代に作られたと考えられます。
平成4年に解体修理が行われ、ほぼ造当初の姿に復元されています。
ヒノキ材寄木造、玉眼。像高32.6センチメートル。

「大圓寺古天明霰釜(だいえんじこてんみょうあられがま)」
肩先から腰まで26段の霰文で埋められています。
伝えるところによると、この釜は太田道灌が茶の湯に愛用していたもので、のち大圓寺に寄贈されたものとされます。
口径11.8センチメートル、胴径20.9センチメートル、高さ17.7センチメートル。

場所 大圓寺(さいたま市見沼区風渡野335)内 心道館
日時 平成30年5月25日(金曜日)から27日(日曜日) 13時30分から16時まで
問合せ 大圓寺(電話:048-683-5673/FAX:048-687-1215)9時から17時まで

2.交通

公共の交通機関をご利用ください。
・東武野田線七里駅から徒歩約3分。
・大宮駅東口から東武バス「宮下・岩槻駅ゆき」に乗車、「東門前」下車、徒歩5分

3.その他 

見学の際はマナーを守り、所有者や管理者、他の見学者、参拝者の迷惑とならないようお願いします。

地図情報をスキップする。

地図情報

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る