ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年6月15日 / ページ番号:C001885

(市内医療機関向け)子育て支援医療、心身障害者医療、ひとり親家庭等医療の現物給付について

このページを印刷する

 さいたま市内に所在する医療機関等は、さいたま市の子育て支援医療・心身障害者医療・ひとり親家庭等医療をお持ちの方について現物給付(保険診療一部負担金の窓口無料化)を実施することができます。

 医療機関によって医療費の請求方法が異なりますので、以下をご参照ください。

保険医療機関・保険薬局・指定訪問看護事業者の場合

 平成21年4月以降の診療分より、公費負担者番号制度を導入しているため、開業・開設時に本市への届出等は必要ありません。

 公費併用レセプトにより審査支払機関(国保連合会または社会保険診療報酬支払基金)を通じて請求をお願いします。

柔道整復・鍼灸・あんま・マッサージの施術者様または施術所の場合

 保健所への開設届等をしていただいたのち、現物給付の協定医療機関として、本市と協定を結ぶ必要があります。

 協定の申し込みに必要な書類を郵送いたしますので、年金医療課までご連絡ください。

 協定締結後、子育て支援医療・心身障害者医療・ひとり親家庭等医療をお持ちの方にかかる診療について現物給付を実施した場合、施術所等からの請求により一部負担金が市から支払われます。一部負担金の請求方法については、協定締結後に郵送する事務マニュアルをご覧ください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/年金医療課 福祉医療係
電話番号:048-829-1279 ファックス:048-829-1947

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る