ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年8月24日 / ページ番号:C030918

被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業の業務の適正化等に関する条例

このページを印刷する

 さいたま市では、市内で行われる被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業について必要な規制を定めることにより、事業者の業務の適正な運営を確保することで不当な営利行為を防止し、被保護者等の権利利益の擁護と自立支援を図ることを目的として、「さいたま市被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業の業務の適正化等に関する条例」を平成25年10月1日から施行しています。

条例の改正について

 平成27年10月26日に「さいたま市被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業の業務の適正化等に関する条例の一部を改正する条例」を公布し、平成27年11月1日から施行となりました。
 また、条例の改正に伴い、「さいたま市被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業に関するガイドライン」を一部改正し、平成27年11月1日から施行となりました。

改正内容

 国が示す「無料低額宿泊所の設備、運営等に関する指針」が、平成27年7月1日付けで改正されたことに伴い、同指針との整合を図るため、居住スペースに係る部分を以下のとおり変更しました。

改正前

 第8条第2項 事業者は、住居等サービスとして提供する住居等における被保護者等1人当たりの居住のための居室の専用部分(収納設備及び台所、食堂、集会室等の多数人で共用に供する部分を除く。)について、床面積を4.5平方メートル以上かつ空間の容積を9.45立方メートル以上とするよう努めなければならない。

改正後

 第8条第2項 事業者は、住居等サービスとして提供する住居等における一の居室の専用部分(収納設備及び台所、食堂、集会室等の多数人で共用に供する部分を除く。)について、床面積を7.43平方メートル以上かつ空間の容積を15.603立方メートル以上(2人以上の被保護者等が属する世帯に一の居室を貸し付け、又は利用させる場合にあっては、当該被保護者等1人当たりの床面積を4.95平方メートル以上かつ空間の容積を10.395立方メートル以上)とするよう努めなければならない。

事業の届出等について

1 事業の届出(条例第3条)

 条例施行日(平成25年10月1日)時点で既に『被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業』を行っている場合は、条例施行日から1か月以内に、次により事業の届出を行ってください。((補足)社会福祉法第2条第3項第8号の無料低額宿泊事業として、同法第69条第1項により届出をしている事業を除く)

(1) 届出者

 条例第2条に規定する「被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業」を行う者((補足)被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業を経営する事業者の指定を受けて事業を行う者を除く)

(2) 届出

「さいたま市被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業届出書(様式第1号)」を施設ごとに作成し、(4)添付書類を添付し届出してください。

(3) 届出書

 (2)の届出書の各項目について記入もしくは、該当箇所を丸で囲ってください。また、届出者の指定する者が事業を行う場合は裏面も記入してください。

(4) 添付書類

 条例第3条に規定する定款その他の基本約款は次による

  • 法人又は任意団体の場合
    定款、その他法人の概要が紹介されているもの
  • 個人の場合
    設立趣旨のわかるもの
    条例第4条に規定する契約締結前の重要事項説明(書)の見本
    条例第5条に規定する契約書面の見本
    施設設備一覧
    施設設備の状況がわかるもの(写真等)
    居室ごとに床面積を記載した施設見取図(平面図)
    施設案内図
    近隣住民等に説明を行った場合は、その報告書
    関係機関への届出書類の写し

(5) その他

 事業の変更又は事業を廃止した場合は、次の届出書を提出してください。

  • 事業の変更 「さいたま市被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業変更届出書(様式第2号)」
  • 事業の廃止 「さいたま市被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業廃止届出書(様式第3号)」

2 契約書写しの提出等(条例第7条)

 条例施行日(平成25年10月1日)以降に被保護者等と条例第5条に規定する契約を締結、又は契約の更新をした場合は、契約(更新)日から1か月以内に次により契約書の写しを提出してください。また、契約書を提出した者に係る契約を解除した場合は、遅滞なく契約解除の届出をしてください。

(1) 提出(届出)者

 被保護者等と契約又は契約の更新をした事業者、契約の解除をした事業者

(2) 届出書等

  • 契約又は契約更新の場合
    契約書の写しを提出する
  • 契約の解除の場合
    「さいたま市被保護者等住居・生活・金銭管理サービスに関する契約解除届出書(様式第4号)」により届出する

3 届出(提出)先

受付時間は、8時30分から12時まで、13時から16時30分までです。

 さいたま市役所保健福祉局 福祉部 生活福祉課(本庁舎1階)さいたま市浦和区常盤六丁目4号4番
 電話番号 048-829-1845

事業者に対する行政処分について

 市内で被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業を行う事業者に対し、さいたま市被保護者等住居・生活・金銭管理サービス提供事業の業務の適正化等に関する条例第16条第1項の規定による行政処分(事業の制限)を行いました。また、当該処分に関する情報について、報道機関に対して資料提供による記者発表を行いました。

行政処分情報

 平成27年12月18日発表(PDF形式:54KB)
 平成29年1月26日発表(PDF形式:74KB)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/生活福祉課 保護・適正化推進係
電話番号:048-829-1845 ファックス:048-829-1961

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る