ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年6月7日 / ページ番号:C046841

さいたま市のビジネス環境

このページを印刷する

日本の玄関口”さいたま市”

東日本の玄関口としての役割を期待されているさいたま市。
充実した交通網により、広域的なビジネス拠点としての強みを発揮!

航空写真

本市では、企業誘致のPR動画を作成しております。詳しくは、下記のリンクをご覧下さい。
https://youtu.be/BMSWdg364us
 

さいたま市の概況

総面積 217.43㎢
人口 1,291,736人 (平成29年12月1日現在)
世帯数 579,986世帯 (平成29年12月1日現在)
平均年齢 43.82歳 (平成29年12月1日現在)
事業所数 43,057事業所 (平成26年経済センサス基礎調査)
従業員数 547,354人 (平成26年経済センサス基礎調査)

さいたま市の概況について詳しくは→さいたま市プロフィール人口・統計

さいたま市の立地特性

さいたま市は、首都圏と、東北圏、北陸圏、北海道の各地域を結ぶ新幹線6路線が乗り入れています。また、高速道路も、平成27年3月に埼玉県内で全線開通した圏央道はじめ、外環道、東北自動車など、首都圏への乗り入れも容易な立地環境にあることから、広域ビジネス拠点としての優位性を持ち合わせています。

広域地図

JR東日本ランキング

東日本へのアクセス

さいたま市のビジネス環境

市内における平成18年から平成27年までの10年間の企業本社の転入・転出状況をみると、転入数が転出数を61社上回っており、政令指定都市中3位という結果となっております。さいたま市がビジネス拠点としての魅力が評価されている表れであることが伺えます。
転入ー転出

産業構造

 多種多様な産業が集まっているさいたま市。特に製造業では、金属製品製造業を中心にものづくり企業が集積しています。

産業構造

人が集まるさいたま市

交通利便性の良さから、市内及び近隣の大学から人材が集まりやすい環境にあります。

関東の学生数

対前年人口増加率

災害に強い都市

安定した地盤・高低差が少ない等の地理的特性に加え、さいたま新都心は国の広域防災拠点に指定されており、行政機関が多数集積しています。

高低差

暮らしに便利なまち

暮らしに便利で子育てしやすいさいたま市。
市民意識調査では、今の地域に住み続けたい人が約85%と高い水準にあります。
今後も市民の皆様に満足してもらえるような都市を目指します。

○さいたま市民意識調査の調査結果はコチラから→市民アンケート

住みやすさと定住意向

イメージ上位5位

子育て支援

さいたま市のビジネス環境の英語訳については下記添付ファイル、「さいたま市企業立地ガイド英語版」をご参考ください。

※このサイト上の文書や画像等の各ファイル、及びその内容に関する諸権利は、原則としてさいたま市に帰属します。また、一部の画像等の
 著作権は、原著作者が所有しています。
※このサイト上の文書・画像等の無断使用・転載を禁止します。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

経済局/商工観光部/産業展開推進課 
電話番号:048-829-1349 ファックス:048-829-1944

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る