ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年4月13日 / ページ番号:C016176

さいたま医療ものづくり都市構想

このページを印刷する

さいたま市では、本市を中心として地域に集積する研究開発型ものづくり企業の医療機器関連分野への新規参入や事業拡大を支援するため、「さいたま医療ものづくり都市構想」を平成24年1月に策定しました。
医療機器関連分野を本市経済の新たな成長エンジンとし、臨床現場に技術面から貢献することを目指します。本市の産業特性と臨床現場のニーズを踏まえた事業化支援や、広域連携を重視します。 

基本理念

高度な基盤技術と臨床現場が融合する広域連携医療ものづくり都市の創造
キャッチフレーズ "きらめく技術で医療の未来へ"

3つの重点分野

  1. さいたま市の産業特性を代表するレーザー・フォトニクス技術応用医療分野
  2. さいたま市に集積する超精密加工技術、高度部材技術等を活かした低侵襲・低リスク技術分野
  3. 少子高齢社会の健康・長寿を支える周産期・小児医療分野、予防医療分野

4つの基本施策

  1. 医療ものづくりコミュニティの形成
  2. 事業機会創出機能の整備
  3. 開発・商品化支援機能の整備
  4. 支援拠点の整備

行動計画の策定

 構想の実現を着実に実現するため、構想期間(平成24年度~平成33年度)を前半と後半の2期に分け、行動計画を策定しています。
  構想期間:平成24年度~平成33年度(10年間)
     第1期行動計画(平成24年度~平成28年度)
    第2期行動計画(平成29年度~平成33年度)

医療ものづくりヌゥ

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

経済局/商工観光部/産業展開推進課 
電話番号:048-829-1349 ファックス:048-829-1944

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る