ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年6月8日 / ページ番号:C032770

はかりの定期検査について

このページを印刷する

はかりの定期検査について

「はかり」は市場に商品として出回る前に、都道府県の検定所が、その構造や誤差が基準に適合しているかどうか厳密に検査します。この検査を検定といい、検定に合格したはかりに検定証印が刻印され、はじめて「はかり」として、商売(取引)・証明などに使用されます。
しかし、このような検定に合格して出荷されたはかりと言えども、使用状況や年月によって誤差を生じてくる場合があります。
そこで、商店や病院、事業所などで、取引や証明に使用されるはかりは、計量法により、2年に1回定期検査が義務付けられています。

はかりの一例(PDF形式:20KB)


定期検査の対象になるはかりは、取引や証明のために使用されるはかりです。ただし、検定証印等が付されたものに限ります。
家庭用マークのあるはかり(ヘルスメーター、ベビースケール、キッチンスケール等)は、家庭用計量器のため、取引・証明に使用することはできません。
 

証印
(検定証印等)
合格シール
(定期検査合格シール)

定期検査に合格したはかりには、検査をした年月を表示した定期検査合格シールが貼付され、そのはかりが正確であることの証になります。

検査区域
 さいたま市では、市内をA地区とB地区の2地区に分け、毎年交互に検査を実施しています。

 A地区…西区、北区、大宮区、見沼区、岩槻区(西暦の奇数年度に検査実施)

 B地区…中央区、桜区、浦和区、南区、緑区 (西暦の偶数年度に検査実施)

検査方法
1 集合検査…検査の日時を告示し、主に区役所等の施設を指定会場として、はかりの検査を行います。集合検査の日程については告示後、随時ホームページに掲載しております。

2 所在場所(巡回)検査…集合検査会場への移動が困難なものや、精度低下を招くおそれのあるはかり等を所有する事業所については、はかりのある場所へ出向き検査します。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

経済局/商工観光部/経済政策課計量検査所 
電話番号:048-652-6811 ファックス:048-652-6819

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る