ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年10月19日 / ページ番号:C053846

平成29年度 はかりの定期検査について

このページを印刷する

平成29年度 はかりの定期検査について

検査の対象となるはかりは、取引・証明に使われる、計量法上の特定計量器になります。
さいたま市では、市内をA地区とB地区の2地区に分け、毎年交互に検査を実施しています。
 
 平成29年度(2017年度)は
 A地区…西区 北区 大宮区 見沼区 岩槻区 が対象となります。 
 

 過去に検査受験歴のある事業所等には事前に実施時期をハガキでお知らせします。
 なお、検査は抜き打ちが原則のため、日時の指定は原則お受けしていません。
  
 
 所在場所(巡回)検査
 移動が困難な大型のはかりや、精度低下を招くおそれのあるはかり(電気式はかり等)については、はかりのある場所へ出向き検査しています。(一部の検査を一般社団法人 埼玉県計量協会に委託して実施します)
 前回、検査を受けた事業所等には、事前調査票を送付します。回答にご協力お願いします。

 集合検査(平成29年度は終了しました)
 機械式のはかりの検査は、公共施設等の敷地でおこなう集合検査で実施します。
 平成29年度は9月と10月に実施しました。以降、受検を希望される場合は計量検査所にお問い合わせください。

 

前回、検査を受けたはかりで、下のシールが貼付されているものは平成29年度の検査の対象です。

 合格シール
「次回検査は平成30年」の記載であっても、シール下部のマル8の横に1 2 3の数字が付してあるものは平成29年度の検査の対象になります。シールは年表記ですが、検査は年度単位でおこなっているためです。
 マルの中の数字は検査を受けた年(和暦)の1ケタの数、横の数字は月を表します。
 上の見本では、左から平成27年6月 平成28年2月に検査を受けたことを表しています。
 また免除シールは新品等の理由で、前回検査が免除となったはかりに貼付しています。(今年度は検査をおこないます)

検査手数料
  検査には手数料が必要です。受検時に現金での支払いをお願いします。
  手数料は、はかりの種類や能力に応じて定められています。詳細はダウンロードファイルを参照してください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

経済局/商工観光部/経済政策課計量検査所 
電話番号:048-652-6811 ファックス:048-652-6819

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る