ページの先頭です。 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年11月1日 / ページ番号:C056553

市長の部屋 さいたま市長 清水 勇人 絆をつなぐ

市民の皆様へ(平成29年11月1日)

このページを印刷する

 

皆さん、こんにちは。さいたま市長の清水勇人です。

 オリンピック・パラリンピック1000日前イベント 
 スポーツの秋、さいたま市にとってはツール・ド・フランスさいたまクリテリウムやさいたま国際マラソンのシーズン到来でもあります。
 今年の「J:COM presents 2017 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」は今週末、11月4日(土)に開催します。本大会総合優勝を果たしたクリス・フルーム選手をはじめ、新城選手、別府選手など、さいたまクリテリウムでお馴染みとなった選手や、パラサイクリングの選手たちが、さいたま新都心の 新コースを疾走します。「サイクルフェスタ」や「さいたまるしぇ」とあわせて、自転車の楽しさ、素晴らしさに触れる一日にしていただきたいと思います。
「さいたま国際マラソン」は、11月11日(土)に駒場ファンラン、12日(日)に8キロとフルのマラソンを開催します。今年も大勢のボランティアにご登録いただきました。ファンランからフルマラソンまで、走ることを思い思いに楽しんでいただける大会にしたいと思います。

 2020年の東京オリンピックまで、10月28日であと1000日(パラリンピックまで1032日)となりました。当日は大勢の皆さんが見守る中、さいたま新都心でカウントダウンボードの序幕式が行われました。

1964年の東京大会が、経済や産業、文化などにも広く影響を与えたように、2020年の大会も時代を画する大会になると思います。本市はこの大会でオリンピック競技のサッカーとバスケットボールの会場になります。各国を代表する選手たちの技術やスピリットを目の当たりにし、世界のお客様をもてなす経験は、市民の皆さん、特に未来を担う子どもたちにとって得難い経験になると思います。残り約1000日、市民の皆さんと一緒にしっかり準備し、その経験や遺産をスポーツのまちづくりに活かしていきたいと思います。ご協力よろしくお願いします。

 

さいたま市長 清水 勇人

  J:COM presents 2017 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 
  さいたま国際マラソン 
 さいたま市の取り組みを紹介する動画もぜひご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/秘書課 
電話番号:048-829-1014

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る


ページの先頭に戻る