ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年2月12日 / ページ番号:C018298

「さいたま方式」の公共施設マネジメント

このページを印刷する

さいたま市の公共施設は老朽化が進んでおり、今後、これらの公共施設が改修や更新の時期を迎えます。
その前に、全市的、総合的な視点で公共施設を有効に活用し、計画的な保全や長寿命化などによって、財政負担の平準化を図ることで、安心・安全で持続的な施設サービスの提供を目指すものです。
公共施設マネジメントのストーリー【新】
 

「さいたま方式」の公共施設マネジメント

さいたま市が目指す「さいたま方式」の公共施設マネジメントとは、次のとおりです。
「さいたま方式」の公共施設マネジメント【新】

取組の推進

  • 施設分野別の「アクションプラン」を策定し、具体的な取組を推進します。
  • 公共施設の建替え等に伴う複合化について、ワークショップ手法を用いて検討を行います。
  • 市民の皆さまと問題意識を共有しながら、協働により具体的な取組を進め、合意を形成していきます。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/行財政改革推進部 
電話番号:048-829-1106 ファックス:048-829-1985

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る