ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年12月28日 / ページ番号:C051309

ここだけの話、実はさいたま市って○○なんです!・・・ランキングデータなどのさいたま市の特長をお伝えします。

このページを印刷する

画像 画像 画像

さいたま市は住みやすい、住み続けたいまち

さいたま市は住みやすい83.2パーセント
[住みやすい][どちらかといえば住みやすい]の合計値
さいたま市に住み続けたい84.6パーセント
[当分の間住み続けたい][今の地域にずっと住み続けたい]の合計値

 













さいたま市では、市政全般にわたる市民の満足度や要望を調査しています。
市内在住者へのアンケート結果で、「住みやすい」「住み続けたい」と答える人の割合が過去最高となりました。
(出典:さいたま市民意識調査)

住みよさランキング5年連続3位以内
出典:東洋経済新報社「都市データパック」
幸福度ランキング第1位
出典:全47都道府県幸福度ランキング2016年版
(東洋経済新報社/寺島実郎/日本総合研究所/日本ユニシス総研)

「住みよさランキング」で政令指定都市中、本市が5年連続でトップ3位以内となりました。 
また、「幸福度ランキング」で政令指定都市中、本市が第1位となりました。 

育児の不安が少なく、健やかに安心して暮らせるまち

認可保育所等の定員拡大













 

認可保育所等の定員を拡大しました。平成28年度の定員は平成24年度と比べて5,203人拡大し、17,344人となりました。

個性を育み、子どもの夢を育てるまち

「将来の夢や目標を持っている」子どもの割合(小学校6年生88パーセント/中学校3年生73.9パーセント)
出典:平成28年度全国学力・学習状況調査
(生活習慣や学習環境等に関する質問紙調査)
















市内の児童生徒は、「将来の夢や目標を持っている」の質問項目に、全国、大都市(政令指定都市及び東京23区)と比べて、肯定的な回答の割合が高い。

地域産業を育て、多様な就業機会を創出するまち

企業本社の転入超過数第2位
出典:さいたま市立地特性分析調査及び誘致対象地域現況調査等業務(平成25年度)
(株)帝国データバンク


















平成15年度から平成24年度まで10年間の企業本社の転入・転出状況を見ると、転入数が転出数を112社上回っており、政令指定都市中第2位となりました。

暮らしの中にある安心・安全なまち

下水道の普及状況
















下水道の普及を推進しています。平成27年度の下水道普及率は平成23年度と比べて3.0%上昇し、92.0%となりました。

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/シティセールス部 
電話番号:048-829-1034 ファックス:048-829-1985

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る