ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年1月16日 / ページ番号:C014492

さいたま市 NEWS LETTER 「さいたまダイジェスト」 創刊号

このページを印刷する

変わります さいたま市の広報

ニュースレター創刊 

このたび、情報発信・情報受信改革の一環として、ニュースレターを発行することになりました。
このニュースレターは、さいたま市のトピックス、政策や事業の動向などをお届けし、さいたま市のことをもっと知っていただくために発行します。広報課に集まるたくさんの情報をもとに、年4回、選りすぐりのさいたま市情報をお届けします。

さいたま大好きマガジン完成 

らららさいたま

「らららさいたま」は、さいたま市の魅力を発信し、もっともっとさいたま市を好きになってもらうために、さいたま市大好き職員が思い入れたっぷりに企画・取材・編集した手作りのグラフ誌です。
さいたま市のイメージ向上を図るため、市内で撮影した写真を用いて、市の魅力、さいたまらしさを伝えます。
冊子をご希望の方は、広報課へご連絡ください。

関連情報

 グラフ誌版広報誌「らららさいたま」

まだまだ、いろいろ企画中

この他にも、3月に策定した「さいたま市PRマスタープラン」に基づき、

  1. 市政に対する信頼感の向上、
  2. 市民と市との「共有感」の向上、
  3. 都市としての「存在感」の向上

を目標に、ブログの開設など、新しい広報を企画中です。もちろん、既存の市報やホームページの見直しも行っていきます。どうぞご期待ください。

関連情報

「さいたま市PRマスタープラン」 

さいたま市誕生10周年

10周年

さいたま市は、平成13年5月1日に浦和市・大宮市・与野市が合併し、誕生しました。その後、平成15年に政令指定都市へ移行し、平成17年に岩槻市と合併。現在では人口123万人を超える大都市となっています。
そして今年、さいたま市は誕生10周年を迎えました。10周年を記念し、10月には多くの方々が集い、参加し、楽しむ「秋のさい10(てん)」を開催します。また、11月に予定されている「記念式典」では、市のキャッチフレーズや、区の花をデザインしたオリジナルナンバープレートの発表などを行います。

関連情報

 さいたま市誕生10周年記念事業

区役所で、日曜日に窓口を開設

利用しやすい区役所を目指して、5月から試行的に、毎月、最終日曜日に区役所の窓口を開設しています。
6月の取扱件数は1,702件でした。

期間:平成23年5月から平成24年2月
(注意)7月は県知事選挙のため、実施しません
時間:9時から17時
取扱業務:転入・転出などの届出業務や各種証明書の交付業務など、区役所の一部業務

数字で見るさいたま市

平成22年度 さいたま市民意識調査によると、さいたま市は「住みやすい」と感じている人は8割でした。また、現在の生活に満足している人も約7割となり、平成21年度調査より増加しました。

関連情報

さいたま市民意識調査

業務改善発表会 ニコニコ動画で生放送

第1回カイゼンさいたマッチ

5月18日に、さいたま市における業務改善発表会「第1回カイゼンさいたマッチ」を開催し、その様子をニコニコ動画で生放送しました。
発表会では、昨年度に提案された5,000件を超える業務改善事例のうち、事前審査を通過した6つの職場チームが発表しました。
優れた立地特性を活かし研究開発機能を集約

優れた立地特性を活かし研究開発機能を集約

 情報サービス会社のAGS株式会社が、さいたま市内に新しく研究開発施設を建設することになりました。交通利便性が良く災害にも強い本市立地環境が決めてとなり、新たな研究開発拠点立地を決定したものです。
同社では、積極的な社会貢献活動を企業理念としており、本市へも児童福祉施設にピアノや遊具、見沼田んぼ内公園にベンチ、街灯のLED化などを寄贈いただき、多くの地域貢献を通して地域に根ざした企業を目指しています。

正午の「時の鐘」 140年ぶりの復活

「時の鐘」

岩槻区の「時の鐘」(市指定文化財)は、江戸時代の岩槻城主が城下町に時を知らせるために設置した鐘楼です。
朝夕6時に鐘をついていましたが、昼時の来訪者にも鐘の響きを味わっていただくため、5月1日より、正午にも鐘をつき始めました。

関連情報

 お昼の鐘の音をお楽しみください(市指定文化財「時の鐘」)

盆栽アイテム続々登場

盆栽味!? ご当地サイダー「大宮盆栽だー!!」

 ご当地サイダー「大宮盆栽だー!!」

大宮盆栽美術館周辺の商店会の皆さんが開発したご当地サイダー、「大宮盆栽だー!!」が5月1日から発売開始しました。盆栽の持つ“素朴さ”と“純粋さ”を表現した、無色透明で、喉ごしすっきり、甘さも抑えたシンプルなサイダーです。
大宮盆栽美術館や、その周辺商店会などで購入できます。ぜひ味わってみてください。

関連情報

つい遊んじゃうiPhoneアプリ 「つい、盆栽。」

史上初のツイートで盆栽が育つiPhoneアプリ、「つい、盆栽。」が4月末に登場しました。盆栽に優しく話しかけながら、丁寧にお手入れしたり、デコレーションアイテムで装飾したりすることで自分だけの盆栽を育てることができます。

最後に、震災に見舞われ、甚大な被害を受けられた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
さいたま市では被災地での緊急消防援助隊の救助活動や、仙台市などへの物資の搬送、市内における一時避難場所の開設などを行ってきました。また、市で公用車として使用している電気自動車の仙台市への貸出しなども行っています。
今後も、「心はひとつ、ともに明日へ」を合言葉に、様々な面から被災地への支援を積極的に行ってまいります。

さいたま市の人口と世帯数(平成23年7月1日現在)

さいたま市の人口 1,236,600人 (前月比増 376人) 世帯数 532,380世帯(前月比増 235世帯)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広報課 
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る