ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年8月22日 / ページ番号:C019684

さいたま市 ニュースレター「さいたまダイジェスト」第6号

このページを印刷する

高齢者に住民票等の宅配を試行

外出することが困難な高齢者に住民票の写しなどを宅配するサービスを、8月1日から試験的に開始しました。
サービスを利用できるのは、「市内に住民登録があり、市内に居住」、「一人で外出することが困難」、「満65歳以上」のすべての条件を満たす方です。家族等と同居している方も、全員がこの条件を満たしていれば利用できます。
本人が、電話又はファックスで区役所区民課へ申し込めば、職員が自宅や入院・入所先の施設まで届けます。配達料は無料です。
なお、配達は申し込みの翌日以降となる場合があります。

関連情報

さいたま市高齢者住民票等宅配サービスを試行しています。(平成24年8月1日から平成25年3月29日まで)

証明書のコンビニ交付 11月スタート

コンビニエンスストアでの各種証明書の交付(コンビニ交付)を11月1日から開始します。
現時点で利用できるのは、多機能端末のある全国のセブンイレブンで、住民基本台帳カード(住基カード)を使って、多機能端末機から証明書を取得します。
取得できるのは、住民票の写し、印鑑登録証明書、個人市・県民税証明書、戸籍全部・個人事項証明書、戸籍の附票の写しです。
利用者は事前に区民課などの窓口で、住基カードの取得と暗証番号の設定などの利用登録をする必要があります。
また、コンビニ交付の開始にあわせて、10月から来年3月末まで、住基カードを初めて申請する場合の交付手数料を、通常500円のところ無料にし、住基カードの普及とコンビニ交付の利用を進めます。

関連情報

コンビニエンスストアでの各種証明書の発行を開始します

五輪の健闘たたえて、監督と選手を表彰

さいたま市では、ロンドンオリンピックで活躍した市にゆかりのある8人の方 を表彰しました。
銀メダルに輝いたサッカー女子代表の佐々木則夫監督と矢野喬子選手に「市長特別表彰」を、サッカー男子代表の東慶悟選手、水泳の大塚美優選手と伊藤華英選手、体操の加藤凌平選手と山室光史選手、陸上の土井杏南選手に「スポーツ特別功労賞」を贈ります。
8月16日から9月4日にかけて、佐々木監督や矢野選手、東選手、伊藤選手、土井選手が相次いで市役所を訪れ、市長から表彰を受けました。

佐々木監督とヌゥの写真
佐々木監督とつなが竜ヌゥ

矢野選手の写真
銀メダルを持つ矢野選手

東選手
市長と対談する東選手

伊藤選手と土井選手の写真
伊藤選手(左)・土井選手(右)

建築物の高さ制限の導入検討進める

市では、建築物の高さの最高限度を定める「高度地区」の指定案をまとめ、7月から8月にかけて市民向けの説明会を開催し、現在、導入に向けた都市計画手続きを進めています。
指定する区域は、住居系用途地域(一部除く)で、市全体の面積の約36%となります。鉄道駅周辺などは高さ20メートル(7階程度)、その他の場所では高さ15メートル(5階程度)の2種類に分け、中低層住宅地を基調とした地域の市街地環境を維持し、良好な住環境や景観を保全します。
また、既存で制限を超える建築物などの建替えは、一定の基準により制限を緩和していく予定です。

関連情報 

高度地区指定の案がまとまりました

県庁通りを市と県が共同で環境整備

整備後のイメージ画像

JR浦和駅西口から国道17号までの「県庁通り」とその周辺施設の環境整備を、さいたま市と埼玉県は共同で取り組むことを8月1日に合意しました。
県庁通りの中山道から県庁東門までの区間に自転車専用レーンを設置したり、歩道をバリアフリー化する予定です。
また、埼玉会館の歩道側敷地にベンチを設置するなど、小さな休憩所としてポケットパーク化するほか、国道17号交差点脇にある三角地にはシンボルツリーを植樹して、ランドマーク化することを計画しています。
完成目標を平成25年度上半期として、さいたま市、埼玉県が共同で整備します。

住みやすさ、市の魅力などが向上

のびのびシティさいたま市 ロゴマーク

今年の6月に市が実施した市民意識調査によると、住みやすさや生活満足度、市の魅力に対する市民の評価が、昨年度より向上していることがわかりました。
住み心地については、全体の8割強が「住みやすい」と評価。また、生活満足度については、全体の7割弱が「今の生活に満足している」と回答しています。
市の魅力は、高い順に「都心(東京)に近い」62.3%、「交通の便がよい」58.6%、「買い物など生活に便利」50.2%という結果でした。また、昨年度より、「サッカーなどスポーツが盛ん」、「発展し続けている」、「住みやすい」 が大きく増加しています。

関連情報

「さいたま市民意識調査」

「ぼんサイくん」ストラップをプレゼント

ぼんサイくんストラップ画像

さいたま市のご当地サイダー「大宮盆栽だー!!」を3本買うと、ラベルにプリントされている「ぼんサイくん」の限定ストラップをもらえるキャンペーンが8月5日から始まりました。
キャンペーンは、大宮盆栽村開村90周年を記念して、さいたま商工会議所と大宮盆栽美術館周辺の5商店会が実施。美術館周辺のサイダー取扱店で購入するとストラップがもらえます。制作個数は2,000個ですので、お早めに。
ぼんサイくんは、市の観光大使でもある漫画家、あらい太朗さんが制作したキャラクターです。

さいたま市の人口と世帯数(平成24年9月1日現在)

さいたま市の人口 1,242,418人(前号7月から 3,136人増)
世帯数 534,350世帯(前号7月から3,873世帯減)
(補足)7月に集計方法に変更あり)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広報課 
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る