ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年7月6日 / ページ番号:C042507

さいたま市 ニュースレター 「さいたまダイジェスト」 第16号

このページを印刷する

平成27年5月までのさいたま市を振り返ります。

さいたま観光大使に大宮セブンが就任

さいたま観光大使の集合写真

笑いで街の魅力をPRしてもらおうと、大宮ラクーンよしもと劇場を中心に活動している芸人、7組15人のチーム「大宮セブン」(犬の心、サカイスト、ブロードキャスト!!、マヂカルラブリー、えんにち、GAG少年楽団、タモンズ)を、「さいたま観光大使」に選任しました。
2月25日に同劇場で行った「さいたま観光大使 委嘱式」では、さいたま市長から大宮セブンのリーダー犬の心・押見氏に、さいたま観光大使の委嘱状が渡され、メンバー全員に観光大使のタスキが掛けられました。
「大宮セブン」のメンバーは、観光大使の初仕事として、ひな人形や盆栽、うなぎなど、市の名物をテーマにしたネタを披露し、会場を大いに盛り上げました。
今後、市が開催するイベントに参加するなど、市内外で活動していきます。

(平成27年2月13日記者発表)新たな「さいたま観光大使」が誕生します-委嘱式のお知らせ-
さいたま観光大使

東浦和駅前に図書館専用返却ポストを設置

図書館で借りた資料がいつでも返却できる「図書館専用返却ポスト」を、3月12日、市内で初めて東浦和駅前に設置しました。
返却ポストは、本市の図書館の資料であれば、24時間(年末年始を除く)返却できます。

(平成27年3月5日記者発表)市内で初めて東浦和駅前に「図書館専用返却ポスト」を設置します

大宮盆栽 パリにアンテナショップ

盆栽を剪定する写真

本市の誇る貴重な文化資源「大宮盆栽」を海外にPRするため、フランス・パリに期間限定(3月14~22日)で、アンテナショップを展開しました。
また、ベルギー・イタリアで開かれた展示会等にも出展し、一部会場では、大宮盆栽村から派遣した盆栽師が剪定技術を披露し、大宮盆栽の技術の高さをアピールしました。
今回の出展を通じて、販路拡大と観光客誘致を図りました。
また、あわせて、平成29年に本市で開催される世界盆栽大会のPRなどを行いました。

(平成26年12月24日記者発表)「大宮盆栽」フランス・パリでのアンテナショップ展開について
大宮盆栽海外展開(公益社団法人さいたま観光国際協会のホームページ)(新しいウィンドウで開きます)

トリエンナーレ 開催計画決定 

来年の秋に本市で開催する国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」の開催計画が決定しました。
期間は平成28年9月24日~12月11日の79日間(予定)。
JR武蔵浦和駅~中浦和駅周辺、大宮駅~さいたま新都心駅周辺、東武アーバンパークライン岩槻駅周辺を主な開催エリアとして、市内全域で「未来の発見!」をテーマに、市民参加型のアートプロジェクト等を多数展開します。
今年は、プレイベントとして、アーティスト日比野克彦氏が手掛ける「朝顔の種の形をした船」でさいたまの水路を辿る「種は船プロジェクトinさいたま」などのプロジェクトを実施します。

さいたまトリエンナーレ2016公式ウェブサイト(新しいウィンドウで開きます)

桜環境センター オープン 

トレーニングルームの写真

4月1日、桜区新開に、ごみ処理施設「桜環境ンター」を開設しました。ごみ焼却施設やリサイクルセンターの他に、環境啓発施設や余熱体験施設などがあります。
ごみ処理により発生した熱エネルギーを有効利用する余熱体験施設には、大浴場・露天風呂・サウナ・ウォーキングプール・トレーニングルーム・レストランなどがあり、ごみを処理するだけでなく、楽しみながら循環型社会を体感できる施設です。

桜環境センターホームページ(新しいウィンドウで開きます)

防災拠点機能のさらなる強化へ 市内小学校に外部給電装置を設置 

本市では、全市立学校に、災害時に電源として活用できる太陽光発電と蓄電池の設置を進めています。
3月16日には、岩槻区の太田小学校に、電気自動車や燃料電池自動車を蓄電池に繫いで、継ぎ足し充電できる外部給電装置を設置しました。
これは、本市との協定に基づき、Hondaが設置したものです。
今後は、子どもたちの環境学習や避難所の機能強化に活用していきます。

(平成27年3月16日開催)さいたま市外部給電装置(HEH55)引渡し式を開催しました。

韓国・水原(スウォン)市と相互交流の覚書を締結

大韓民国水原市と、友好的な国際協力と交流などを発展させるため、5月29日に覚書を締結しました。
本市と水原市は、首都近郊に位置し、サッカーが盛んなどの共通点があります。
今後は、スポーツ分野における市民のサッカー交流を行うなど、両市の発展に向けた交流を行っていきます。

(平成27年6月2日記者発表)大韓民国 水原市との友好交流に関する覚書締結及びサッカー交流事業

世界盆栽大会 開催概要決定

世界盆栽大会のロゴマーク

平成29年に本市で開催する「世界盆栽大会」の第1回実行委員会が、4月22日に行われ、会場やロゴマークなどの開催概要が決定しました。
大会名称は「第8回世界盆栽大会inさいたま」。
期間は平成29年4月27~30日。
メイン会場はさいたまスーパーアリーナ、大宮ソニックシティ、パレスホテル大宮。サブ会場は大宮盆栽村、大宮盆栽美術館、武蔵一宮氷川神社に決定しました。
世界盆栽大会は、世界の盆栽愛好家の親善・交流、盆栽文化の普及と技術向上などを目的として開催されています。
日本国内での開催は、旧大宮市で開かれた第1回大会以来28年ぶりです。

世界盆栽大会公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

指扇駅北口駅前広場が完成

指扇駅北口駅前広場の俯瞰写真

平成26年3月9日の指扇駅北口開設に併せ、引き続き整備を進めていた北口駅前広場が、平成27年5月15日から利用できるようになりました。
これにより、川越線の北側からも駅が利用しやすくなりました。
バスやタクシーの乗降場、身体の不自由な方のための乗降場を整備し、南口に集中していた自動車交通の分散を図り、交通安全性にも優れた駅前拠点になりました。

指扇駅周辺のまちづくり

さいたま市の人口と世帯数(平成27年6月1日現在)

人口

1,266,137人(前号3月から4,763人増)

世帯数

556,703世帯(前号3月から5,133世帯増)

さいたま市の人口・世帯(平成27年)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広報課 
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る