ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年9月30日 / ページ番号:C050307

さいたま市 ニュースレター「さいたまダイジェスト」 第21号

このページを印刷する

平成28年6月から8月までのさいたま市を振り返ります。

さいたまトリエンナーレ2016開催中

チェ・ジョンファ《息をする花》
チェ・ジョンファ《息をする花》
展示風景2016 年photo:NISHINO Masanobu
公式イメージキャラクターさいたマムアンⓒウィスット・ポンニミット
公式イメージキャラクター
さいたマムアン
ⓒウィスット・ポンニミット
「未来の発見!」をテーマに、国内外で活動する34組のアーティストたちが、市内各地でアートイベントを展開する国際芸術祭。アートを鑑賞するだけでなく、共につくる、参加する芸術祭で、9月24日(土曜日)に開幕しました。
大きな赤い花をモチーフにした作品≪息をする花≫は、開催前にも市内各所で展示され、その圧倒的な存在感で観た方々を驚かせました。また8月には、トリエンナーレ公式イメージキャラクターに「さいたマムアン」が決定し、会場の案内やサインなど随所に登場しています。
さいたまトリエンナーレは12月11日(日曜日)まで開催しています。

 さいたまトリエンナーレ2016公式ウェブサイト(新しいウィンドウで開きます)

J:COM presents 2016 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム

ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム
昨年のレースの様子

2016~2018年大会までの3年間のプレゼンティングスポンサーが、株式会社ジュピターテレコム(ブランド名:「J:COM」)に決定しました。
今年の大会は10月29日(土曜日) にさいたま新都心で開催します。ツール・ド・フランス2016で総合優勝したクリス・フルーム選手の出場も決まりました。
また、7月に期間限定で銀座にオープンして好評だったツール・ド・フランスさいたまクリテリウムカフェが、現在、ハンズカフェ コクーンシティ店(さいたま新都心駅東口)で、大会当日までオープンしています。

2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
 

第2回さいたま国際マラソン

さいたま国際マラソン
昨年のレースの様子

第2回さいたま国際マラソンを11月12日(土曜日)・13日(日曜日)に開催します。13日(日曜日)のフルマラソンは、2017年にロンドンで開催される世界選手権の女子代表選手の選考競技会にもなっており、日本テレビ系で生中継されます。2回目となる今大会は、昨年より期間も参加人数も拡大して開催しますが、一般フルマラソンの部16,000人の枠は、早々に定員に達しました。
また、12日(土曜日)のリレーマラソンの部には、女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」と、プロ野球独立リーグ「武蔵ヒートベアーズ」の選手が、ゲストランナーとして走ることが決まりました。

第2回さいたま国際マラソン公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
 

災害時における新たな協定を締結

7月、国土交通省関東地方整備局、さいたま市、日本大学法学部の3者で、「災害発生時における日本大学法学部大宮キャンパスの使用に関する協定」を締結しました。災害発生時には、国土交通省が日本大学法学部大宮キャンパスをTECFORCEの進出拠点として使用し、迅速かつ適切な災害対応が可能となります。
また、佐川急便株式会社と「災害時等における支援物資輸送拠点としての協力に関する協定」を締結しました。支援物資供給のボトルネックとなる集積場について、物流のノウハウがあり、支援物資の受入れ、仕分けから、一時保管や避難所等への配送までの一連の活動を行える民間物流事業者の大型配送センターを、「さいたま市災害時支援物資輸送拠点」として活用するものです。本市が被災した場合のほか、首都圏が被災した際における広域支援を行う場合の物資輸送中継拠点として、支援物資の集積、仕分け、避難所等への配送までの一連の活動を行います。

災害協定1
国土交通省関東地方整備局、
日本大学法学部との協定締結式の様子
災害協定2
佐川急便株式会社との協定締結式の様子

(平成28年7月6日記者発表)「TEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)における日本大学法学部大宮キャンパスの使用に関する協定」について
(平成28年7月19日記者発表)民間の大型配送センターを市の災害時支援物資輸送拠点として位置付けます~佐川急便株式会社と協定を締結~

JR川越線日進駅南口駅前広場の完成

日進駅南口
日進駅南口駅前広場

JR川越線日進駅は、平成22年3月に橋上化による北口開設、23年3月に北口駅前広場の完成に続き、この8月に南口駅前広場(面積は約1,750平方メートル)が完成しました。タクシー乗降場、身体の不自由な方の乗降場、時計塔などがあり、今後も地域住民との協働によるまちづくりを推進していきます。 

(平成28年7月20日記者発表)JR川越線 日進駅南口駅前広場が完成します

 

電子書籍の充実

電子書籍ログイン
電子書籍サービスのログイン画面

市内に25館ある市立図書館では、3月に電子書籍サービスを開始しましたが、9月に、絵本、小説、料理の本などを含む幅広いジャンルの電子書籍を1,000冊追加しました。
図書館で購入した電子書籍は、検索・予約・利用が24時間いつでも可能です。期限が過ぎると自動的に返却されたり、文字の拡大、色の反転、音声読み上げ機能などが利用できます。
今年度中に、さらに約2,000点を追加する予定です。

さいたま市図書館ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
(平成28年7月25日記者発表)電子書籍サービスをパワーアップします

健康マイレージを始めます 

健康マイレージ
健康マイレージのスマートフォンアプリの画面

健康マイレージは、楽しみながら歩いて行う健康づくりを支援する取り組みです。この取り組みは、「めざせ!1日8,000歩!」をキャッチフレーズに、20~64歳の方を対象に始めました。通信機能付き活動量計又はスマートフォンアプリを利用し、歩数や健康診査の受診に応じてポイントがもらえ、貯まったポイントに応じて景品の抽選に応募ができます。
今年度は1万人の参加を目標としています。

さいたま市健康マイレージの参加者を募集しています!
(平成28年7月28日記者発表)めざせ! 1日8,000歩! さいたま市健康マイレージの参加者を募集します


 

さいたま市の人口と世帯数(平成28年9月1日現在)

人口

1,279,164人(前号6月から2,227人増)

世帯数

568,072世帯(前号6月から1,755世帯増)

さいたま市の人口・世帯(平成28年)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広報課 広報係
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る