ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年9月26日 / ページ番号:C053054

さいたま市 ニュースレター「さいたまダイジェスト」 第23号

このページを印刷する

平成28年12月から平成29年2月までのさいたま市を振り返ります。

さいたまシティカップ開催

浦和駒場スタジアムで2月12日にさいたまシティカップを開催しました。
今回は、2016J1リーグ年間勝ち点1位を獲得し、さいたま市をホームタウンとする浦和レッドダイヤモンズと、韓国1部Kリーグクラシックの覇者FCソウルが対戦しました。試合は両者の意地と意地がぶつかり合い、お互い譲らぬ白熱した展開で、結果は1対1の引き分けとなりました。また、試合には、市内の小・中学生2,000人を無料で招待し、多くの観客が訪れました。
なお、さいたまシティカップは、さいたま市をホームタウンとする浦和レッズ、大宮アルディージャと海外の強豪クラブチームとの国際親善で、2003年から開催しており、今大会で10回目となります。これまでにインテル・ミラノ(イタリア)、FCバルセロナ(スペイン)、水原サムスン・ブルーウィングス(韓国)などとの試合を行っています。

さいたまシティカップの様子
試合は白熱した展開となりました
さいたまシティカップの様子
多くの方が試合観戦を楽しみました

(平成28年11月25日記者発表)第10回さいたまシティカップを開催します

マイナンバー・マイナンバーカード広報大賞を受賞

マイナンバーカードリーフレット
 (リーフレット)

総務省が実施する「マイナンバー・マイナンバーカード広報大賞」の「ポスター・リーフレット部門」で、さいたま市が「広報大賞(総務大臣賞)」を受賞しました。
受賞のパンフレットは、子どもから高齢者まで一緒に考えて理解してもらうという狙いから、市立浦和南高等学校の漫画研究部の生徒と協働で、漫画イラストを活用して作成しました。マイナンバーカードの具体的な申請・受け取り方法を説明している点や、外国人向けに多言語版(英語ほか4か国語)を作成した点などが評価されました。 

(平成29年2月6日記者発表)さいたま市が「マイナンバー・マイナンバーカード広報大賞」を受賞します  
 

荻原 浩さんに市長特別賞を贈呈

さいたま市長と荻原さん
特別賞贈呈時の様子

平成28年7月に「海の見える理髪店」で第155回直木賞を受賞された荻原さんに、「さいたま市長特別賞」を贈呈しました。
荻原さんは、昭和31年にさいたま市大宮区(当時の大宮市)に生まれ、市内の小・中・高等学校を卒業しました。その後、第10回小説すばる新人賞や山本周五郎賞を受賞するなど、その作品の多数が映画化やテレビドラマ化されています。また、作品の中には、さいたま市を舞台にした「誘拐ラプソディー」もあるほか、埼玉応援団メンバーとしても活動されています。 

(平成28年12月6日記者発表)荻原 浩氏に「さいたま市長特別賞」を贈呈します 

「第8回世界盆栽大会 in さいたま」の開催まであと少し

4月27日から30日にさいたま市で開催される「第8回世界盆栽大会 in さいたま」に向け、開催100日前にあたる1月17日、大宮駅東口駅前にカウントダウンボードを設置しました。
また、大宮盆栽美術館の外国人来館者に参加していただき、カウントダウンフォトを始めました。

カウントダウンボード
(大宮駅東口駅前のカウントダウンボード )
カウントダウンフォト
(大宮盆栽美術館のカウントダウンフォト)

大会のメイン会場の1 つとなるさいたまスーパーアリーナでは、4月28日から30日に「日本の盆栽水石至宝展」が開催されます。至宝展では、貴重な皇居の名品盆栽や盆器の数々を展示します。また、明治・大正・昭和の偉人、文豪などが愛した日本を代表する貴重盆栽や大宮盆栽をはじめ、伝統と威信を誇る日本の盆栽水石の粋を集め展示します。他にも、世界中で愛されているBONSAIの姿を映像や写真等を使用し紹介したり、市内11の小学校、約1,000名が作製した盆栽を一堂に展示したりします。
「第8回世界盆栽大会 in さいたま」は、サブ会場として大宮盆栽美術館や大宮盆栽村、武蔵一宮氷川神社でも関連イベントを開催しますので、是非、お出かけください。

第8回世界盆栽大会公式inさいたま公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
さいたま市大宮盆栽美術館公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
(平成29年1月13日記者発表)世界盆栽大会まで残り100日!~市内各所でカウントダウンを実施します~

住みやすい・住み続けたい人が8割超

毎年実施しているさいたま市民意識調査で、さいたま市が住みやすいと思う人は83.2%(※1)、さいたま市に住み続けたい人は84.6%(※2) という結果が出ました。ともに8割を超える高い水準で、増加基調が続いています。
※1「住みやすい」、「どちらかといえば住みやすい」と回答した人の合計
※2「ずっと住み続けたい」、「当分の間住み続けたい」と回答した人の合計

平成28年度 さいたま市民意識調査の調査結果

さいたま市の転入超過数が全国4位

転入超過数の上位5市町村
順位 市町村 人数
1 東京都特別区部 58,207人
2 大阪市 9,474人
3 札幌市 9,137人
4 さいたま市 8,655人
5 福岡市 8,471人

総務省が公表した住民基本台帳に基づく2016年の人口移動報告によると、日本人の転入者数から転出者数を差し引いた転入超過数で、さいたま市は全国市町村別(東京都特別区を含む)で4番目に多い8,655 人となりました。

総務省統計局住民基本台帳人口移動報告 平成28年(2016年)結果(新しいウィンドウで開きます)

LINE@ 始めました

LINEのQRコード
(二次元コード)

市の魅力やイベント情報等を発信するため、さいたま市公式アカウントを1月に開設しました。ご覧いただくには、スマートフォンなどでLINEの利用登録をして、さいたま市を「友だち登録」していただくことが必要です。右の二次元コードを読み込むことで友だち登録をすることができます。

さいたま市LINE@アカウントで行政情報を発信しています

さいたま市の人口と世帯数(平成29年3月1日現在)

人口

1,282,058人(前号12月から887人増)

世帯数

570,729世帯(前号12月から873世帯増)

さいたま市の人口・世帯(平成29年)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広報課 
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る