ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年6月28日 / ページ番号:C054520

さいたま市 ニュースレター「さいたまダイジェスト」 第24号

このページを印刷する

平成29年3月から5月までのさいたま市を振り返ります。

目指せ日本一!サクラサク見沼田んぼプロジェクト 桜回廊総延長20km超を達成

見沼田んぼの桜
見沼田んぼの桜回廊

見沼田んぼに日本一の桜回廊を作るために、平成25年度からスタートした「目指せ日本一!サクラサク見沼田んぼプロジェクト」。市民・団体・企業のみなさんから植樹のための寄附をいただき、今年の3月で、見沼田んぼの桜回廊の総延長が20.2キロメートルに達し、散策できる桜回廊として日本一となりました。
春になると、桜回廊や近くの公園、緑地などの見沼田んぼ周辺では、5,000本以上の桜を楽しむことができます。

目指せ日本一!サクラサク見沼田んぼプロジェクト(新しいウィンドウで開きます)
(平成29年3月2日記者発表)~桜回廊総延長20km超を達成~目指せ日本一!サクラサク見沼田んぼプロジェクト平成28年度植樹祭を開催します!(新しいウィンドウで開きます)

宇宙劇場リニューアルオープン

昭和62年8月の開館以来、星空を映し出してきた宇宙劇場のプラネタリウムが、4月にリニューアルオープンしました。
新たに導入したプラネタリウム投影機は、これまでの3千倍となる約1億個もの星を映し出すことができます。また、同劇場ロビーでは、プロジェクションマッピングを使い、12星座などの絵が動いているように演出しています。 

さいたま市宇宙劇場ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
(平成29年5月30日記者発表)さいたま市宇宙劇場30周年記念イベント~宇宙を感じ、宇宙を楽しむプラネタリウム~
(新しいウィンドウで開きます)

妊娠・出産包括支援センターを全区に開設

妊娠や子育てに関する情報提供・相談などを行う妊娠・出産包括支援センターを、4月に新たに7区で開設し、全10区の保健センター内に設置しました。
このセンターでは、妊娠の届け出をした利用者への母子健康手帳の配布や、助産師・保健師の資格を持つ母子保健相談員による子育て支援の情報提供、母子の健康に関する不安等の相談などに対応し、妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を行います。 

妊娠・出産包括支援センターを開設しました(新しいウィンドウで開きます)
(平成29年3月28日記者発表)~安心して子どもを産み育てるために~「妊娠・出産包括支援センター」を全区に開設します!(新しいウィンドウで開きます)

障害者向けの悪質商法対策DVDを制作

チョットマッタマン
障害者向け消費者教育DVD「その悪質商法チョットマッタ!!」

軽度の知的障害や発達障害のある方が悪質商法に巻き込まれることを未然に防ぐために、さいたま市消費生活総合センターでは、障害者向け消費者教育DVD「その悪質商法チョットマッタ!!」を制作しました。このDVDは、「愛と正義の戦士チョットマッタマン」が、障害のある方だけではなく、若い方が被害に遭いやすい悪質商法の事例と対策を、アニメでわかりやすく紹介しています。
このDVDは、市立小・中・高等学校、特別支援学校などに配布しているほか、消費生活総合センターでの貸し出しや、さいたま市のYouTubeにアップロードもしています。

さいたま市消費生活総合センターが障害者向け消費者教育DVD「その悪質商法チョットマッタ!!」を制作しました!(新しいウィンドウで開きます)
(平成29年4月13日記者発表)障害者向け消費者教育DVD「その悪質商法チョットマッタ!!」を制作~悪質商法の事例、対策を紹介しております。ぜひご活用ください~(新しいウィンドウで開きます)
 

大宮区役所新庁舎の基本設計が完了

大宮区役所新庁舎
大宮区役所新庁舎の外観イメージ

新庁舎は、製糸業で栄えた大宮の歴史に着想を得た設計コンセプトから、絹糸をまとった織枠のような外観になります。建物には、区役所の他、図書館、市民が交流するための(仮称)ふれあいスペース、建設事務所などが入ります。新庁舎は、平成31年5月にオープンする予定です。

大宮区役所新庁舎整備事業(新しいウィンドウで開きます)
(平成29年4月19日記者発表)大宮区役所新庁舎基本設計について(新しいウィンドウで開きます)
 

大宮駅におもてなしのテラスがオープン

大宮駅東口の駅前にOM TERRACE(オーエムテラス)が4月23日にオープンしました。この施設には、国内外から大宮駅を訪れる観光客や来街者をおもてなしするため、屋上テラスの他、コミュニティサイクルポートやトイレを設置しています。

(平成29年4月7日記者発表)大宮駅東口の駅前に「テラス」がオープンします!(新しいウィンドウで開きます)
 

今年のさいたま国際マラソンは川内優輝さんが走ります!

川内選手
大会サポーターの川内優輝さん

世界陸上のマラソン男子代表で、大会サポーターの川内優輝さんが、11月12日に開催する「さいたま国際マラソン」(一般フルマラソンの部)に出場することが決まりました。川内さんは、大会新記録での優勝を目指して、さいたまを駆け抜けます。
なお、さいたま国際マラソンは、11月11日の駒場ファンラン、12日の一般フルマラソンなどの出場者を募集中です。エントリー方法など詳しくは、大会公式ホームページをご覧ください。

 (平成29年5月29日記者発表)「第3回さいたま国際マラソン」大会サポーターの川内優輝さんの出走が決定!(新しいウィンドウで開きます)
さいたま国際マラソン公式サイト(新しいウィンドウで開きます)
 

第8回世界盆栽大会inさいたまに、世界中の盆栽愛好家が一同に会する

第8回世界盆栽大会inさいたまが4月に開催されました。さいたま市では28年ぶりの開催となり、世界中の盆栽愛好者が一同に会しました。
また、さいたまスーパーアリーナでは、日本の盆栽水石至宝展が開催されました。会場には貴重な皇居の盆栽や日本を代表する名品盆栽の数々が展示され、4万5千人を超える方々が来場しました。
他にも、サブ会場である武蔵一宮氷川神社や大宮盆栽美術館、大宮盆栽村にも名品盆栽が展示され、訪れた方を魅了しました。

世界盆栽大会でのデモンストレーション
盆栽作家によるデモンストレーション
大宮盆栽美術館を訪れる海外の盆栽愛好家
真剣な眼差しで盆栽を見つめる愛好家
大宮盆栽美術館を訪れる海外の盆栽愛好家
盆栽の魅力を満喫する海外の愛好家

第8回世界盆栽大会公式inさいたま公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)
さいたま市大宮盆栽美術館公式ホームページ(新しいウィンドウで開きます)


 

さいたま市の人口と世帯数(平成29年6月1日現在)

人口

1,288,013人(前号3月から5,955人増)

世帯数

577,065世帯(前号3月から6,336世帯増)

さいたま市の人口・世帯(平成29年)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広報課 
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る