ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年3月29日 / ページ番号:C058824

さいたま市 ニュースレター「さいたまダイジェスト」 第27号

このページを印刷する

平成29年12月から平成30年2月までのさいたま市を振り返ります。

さいたまを舞台に映画が撮影されました

出演者の集合写真
(「たまえのスーパーはらわた」の主演者の皆さん)

沖縄国際映画祭の「地域発信型映画」の出品作品として、吉本興業がさいたま市の魅力を素材とした映画を製作しています。
作品は「たまえのスーパーはらわた」というタイトルで、ホラー映画監督志望の女子高生にさいたま市PR映像の監督依頼がくるが、浦和、大宮、岩槻が自分の地域資源を推し始めて大喧嘩するという内容です。主演は白石優愛さんで、他にジャングルポケットの斉藤慎二さん・太田博久さん・おたけさん、しずるの池田一真さん、さいたま観光大使の村田綾さんなどが出演しています。
この映画は沖縄国際映画祭で上映された後、さいたま市で凱旋上映される予定です。

「第10回沖縄国際映画祭」に出品する“さいたま市を舞台”にした映画の撮影が行われています!(新しいウィンドウで開きます)

人形のまち岩槻でまちかど雛めぐり

愛宕神社の雛壇
(愛宕神社の大雛段飾り)

人形のまち岩槻で恒例行事となっている「まちかど雛めぐり」が2月24日から3月11日まで開催されました。期間中は、岩槻駅周辺の約70の商店などで雛人形や吊るし雛が飾られたほか、人形にちなんだ食べ物の販売も行われました。
また愛宕神社では、27段の石段に約400体の人形が飾られ、見に来た人々を圧倒しました。 

区役所に撮影スポットが誕生!

桜区役所では、婚姻などの届出時や来庁した際に気軽に撮影いただける記念撮影用のスクリーン(愛称:桜ヌゥスポット)を設置しました。「結婚しました」、「Iラブ桜区」などのメッセージボードも用意。職員が撮影などの手伝いもしています。今後このスクリーンは、区のイベントにも出張する予定です。
中央区役所では、庁舎壁面に“インスタ映え”するフォトスポットを設置しました。「羽」をモチーフとしたこの壁画は、中央区在住の寿の色(鈴木香奈子)さんにボランティアで協力いただき制作しました。写真撮影用のカメラなどを置く台を用意してありますので、さまざまな記念の撮影にご利用いただけます。

桜ヌゥスポット
(桜区役所の桜ヌゥスポット)
中央区役所フォトスポット
(中央区役所庁舎壁面のフォトスポット)

(平成30年2月13日記者発表)桜区記念撮影スクリーン(愛称:桜ヌゥスポット)を設置しました。~かわいいヌゥと「はいチーズ」~(新しいウィンドウで開きます)
(平成30年2月27日記者発表)中央区役所壁面に“インスタ映え”するフォトスポットが完成しました)(新しいウィンドウで開きます)

国内初!ブラインドサッカー女子日本代表の国際親善試合を開催

ノーマライゼーションカップの様子
(試合の様子)

さいたま市ノーマライゼーションカップが2月にサイデン化学アリーナで行われ、ブラインドサッカー女子日本代表が女子アルゼンチン選抜と対戦し、1,000人を超える来場者がありました。試合は、菊島選手が6得点を決める活躍で、7対3で女子日本代表が勝利しました。
さいたま市は、平成23年に全国の政令指定都市に先駆け、「ノーマライゼーション条例」を制定しています。ノーマライゼーションカップは、条例の理念とブラインドサッカー協会の「ブラインドサッカーを通じて、視覚障害者と健常者が当たり前に混ざりあう社会を実現する」という理念が重なり誕生したブラインドサッカーの国際親善試合で、今年で6回目の開催となりました。

平成30年2月24日ブラインドサッカー国際親善試合「さいたま市ノーマライゼーションカップ」女子日本代表vs女子アルゼンチン選抜を開催しました(新しいウィンドウで開きます)
 

市スポーツアドバイザーに池田前ベイスターズ社長

12月に株式会社横浜DeNAベイスターズ前代表取締役社長の池田 純氏に、さいたま市スポーツアドバイザーを委嘱しました。
池田氏は平成23~28年に同社の社長を務め、5年間で売り上げを倍増させて経営を黒字化させた実績があり、現在はスポーツ庁参与などを務めています。
今後、豊富な知見、経験等を活かし、広く助言をいただきながら、さいたま市のスポーツ施策やスポーツ振興に関する事業等を推進していきます。

(平成29年12月13日記者発表)株式会社横浜DeNAベイスターズ前代表取締役社長 池田純氏にさいたま市スポーツアドバイザーを委嘱しました(新しいウィンドウで開きます) 
 

働きやすい環境づくりに取り組む市内企業を表彰

さいたま市男女共同参画推進事業者
(さいたま市男女共同参画推進事業者の表彰式)

さいたま市では、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)など男女が共に働きやすい職場づくりを推進しています。
このような取り組みを積極的に行っている5つの市内事業者を「さいたま市男女共同参画推進事業者」として、1月に表彰しました。
また、職場で共に働く部下のワーク・ライフ・バランスとキャリア形成を応援し、自らも仕事と私生活を楽しむ「さいたまイクボス共同宣言」を本市と9つの市内企業、「大学コンソーシアムさいたま」で宣言を行いました。この「イクボス」の精神を地域社会全体に向けて発信していきます。

(平成29年12月13日記者発表)さいたま市男女共同参画推進事業者表彰式及びさいたまイクボス共同宣言式・シンポジウムを開催します(新しいウィンドウで開きます)

救急車 呼んでもいいの?「119 救急ガイド」を全世帯に配布

119救急ガイド
(119救急ガイド)

平成29 年の市内救急出場件数は6万7,034件、搬送者数は5万9,055人となり、いずれも過去最多となりました(速報値)。
そこで、救急車を適正に利用してもらうため、病気やけがをしたとき、ためらわずに救急車を呼んでほしい症状や、判断に迷った時の相談先などを掲載した「119 救急ガイド」を市内全世帯に配布しました。また、パソコンやスマートフォンを使って救急車を呼ぶべきか判定する「さいたま市救急受診ガイド」の運用も開始しました。

さいたま市救急受診ガイド・119救急ガイド・救急電話相談・医療機関案内(新しいウィンドウで開きます) 

さいたま市の人口と世帯数(平成30年3月1日現在)

人口

1,292,435人(前号12月から699人増)

世帯数

580,832世帯(前号12月から846世帯増)

さいたま市の人口・世帯(平成30年)(新しいウィンドウで開きます)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/広報課 
電話番号:048-829-1039 ファックス:048-829-1018

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る