ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J001927

公費負担制度

さいたま市では、国が指定した小児の慢性疾病(小児慢性特定疾病)について医療給付を行っています。

さいたま市では、不妊治療に係る経済的負担の軽減を図るため、医療保険が適用されない特定不妊治療を受けられた戸籍上のご夫婦に対し、費用の一部を助成しています。また、男性特定不妊治療費助成事業の申請受付を受付を開始しました。平成29年8月1日から不妊治療支援事業が拡充されます。

さいたま市では、不妊検査に係る経済的負担の軽減を図るため、費用の一部を助成します。平成29年8月より早期不妊検査費助成事業の申請の受付を開始しました。

さいたま市では、出産後間もない時期のお母さんのこころとからだの健康状態を把握するために実施する産婦健康診査の費用の一部を助成します。

対象出生時体重が2,000グラム以下あるいは身体の発達が未熟なままで産まれた赤ちゃんで、医師が入院療育を必要と認めた場合さいたま市内に住所がある方必要書類平成25年5月より1から3の様式が変わりました…

平成29年度さいたま市妊婦健康診査について~母体と胎児の健康のために、必ず受診しましょう~さいたま市では、母子健康手帳を交付する際に、妊婦健康診査助成券、ならびに子宮頸がん検査、HIV抗体検…

平成29年10月1日以降に里帰り出産等のため、さいたま市と契約をしていない医療機関や助産所で、助成券を使用できずに自費で受診した産婦健康診査の費用の一部を助成します。

里帰り出産等のため、さいたま市と契約をしていない医療機関や助産所で、助成券を使用できずに自費で受診した妊婦健康診査の費用の一部を助成します。

環境省では、石綿ばく露者の健康管理の在り方を検討するため、平成27年度から「石綿ばく露者の健康管理に係る試行調査」を実施しています。環境省からの委託をうけ、29年度からさいたま市においても、実施することとなりました。

生涯を通じた健康支援の一環として、不妊等に悩む市民からの相談や情報の提供を行っています。また、不妊治療のうち、医療保険が適応されない特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けた方を対象に、経済的負担の軽減…

対象18歳未満で、結核にかかり長期入院を必要とする児童さいたま市に住所がある方必要書類療育医療申請書意見書世帯調書所得税額証明書-生計を同一にする扶養義務者で、収入のある方は全て必要になります。

育成医療について育成医療は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)に基づき、身体に障害のある児童又はそのまま放置すると将来障害を残すと認められる疾患がある児童(1…

妊娠高血圧症候群等にかかっている妊産婦の方で、次の要件に該当する場合、療養費の一部を支給します。対象者の要件次の全ての要件に該当する方を対象とします。

指定難病の治療を受けている方が、指定医療機関で保険診療を受けた際の自己負担分の医療費等の一部または全部を、県が公費負担することにより、指定難病に関する医療の確立、普及を図るとともに、患者さんの医療費の負担軽減を図る制度です。

C型肝炎ウイルスの根治を目的として行うインターフェロン治療とインターフェロンフリー治療及びB型ウイルス性肝炎に対して行われる核酸アナログ製剤治療とインターフェロン治療に係る医療費の助成を行っています。

対象次の項目をすべて満たす方が対象になります。埼玉県が指定する特定疾患にかかっている方(疾患ごとの認定基準を満たす必要があります。

下記の疾患の治療を受けている方が、保険医療機関で保険診療を受けた際の自己負担分の医療費等を、県が公費負担することにより、疾患に関する医療の確立、普及を図るとともに、患者さんの医療費の負担軽減を図るもの…

平成18年3月27日に『石綿による健康被害の救済に関する法律』が施行され、石綿(アスベスト)を原因とする中皮腫、肺がんにかかられた方やそのご遺族の方に対する救済制度が創設されました。

被爆者に対する医療給付とは、被爆者の方に対し、状況に応じて各種手当等(1.医療特別手当、2.特別手当、3.原子爆小頭症手当、4.健康管理手当、5.保健手当、6.介護手当、7.葬祭料)が支給される制度で…

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る