ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年1月4日 / ページ番号:C021907

長期療養疾病等により定期予防接種の機会を逸した方への特例

このページを印刷する

定期予防接種の対象者であった間に長期にわたり療養を必要とする疾病にかかり、または、臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けたこと等の「特別の事情」があり、やむを得ず定期予防接種を受けることができなかった場合は、当該特別の事情がなくなってから2年間(成人用肺炎球菌は1年間)定期予防接種を行う機会が設けらます。
ただし、インフルエンザ菌b型(ヒブ)は10歳未満まで、小児用肺炎球菌は6歳未満まで、4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)は15歳未満まで、BCGは4歳未満までの期間が対象となります。
この制度の利用希望のある方は、事前に各区保健センターへご相談ください。

厚生労働省が定める特別の事情

次の1.~3.のいずれかに該当する場合となります。

1.次のア~ウに掲げる疾病にかかったこと(補足:最下段の関連ダウンロードファイル「長期にわたり療養を必要とする疾病の例 」をご参照ください )
 ア 重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病
 イ 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病
 ウ その他のこれらに準ずると認められるもの

2.臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けたこと(やむを得ず定期の予防接種を受けることができなかった場合に限る。)

3.医学的知見に基づき1.又は2.に準ずると認められるもの

ワクチンごとの接種可能期間

予防接種の種類

接種可能期間

インフルエンザ菌b型(ヒブ) ※

快復後2年間かつ10歳未満

小児用肺炎球菌 ※

快復後2年間かつ6歳未満

B型肝炎

快復後2年間

4種混合

(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

快復後2年間かつ15歳未満

2種混合

(ジフテリア・破傷風)

快復後2年間

不活化ポリオ 快復後2年間

BCG

快復後2年間かつ4歳未満

麻しん・風しん

快復後2年間

水痘

快復後2年間

日本脳炎

快復後2年間 

子宮頸がん予防(HPV)

快復後2年間

成人用肺炎球菌 快復後1年間

※ヒブ及び小児用肺炎球菌は、接種開始時年齢(月齢)により接種回数が変わる定期予防接種です。5歳未満までに特別の事情がなくなった場合は、その時点で接種できる回数分を接種することになります。

お問い合わせ

  • 西区役所保健センター  電話番号 048-620-2700 ファックス 048-620-2769
  • 北区役所保健センター  電話番号 048-669-6100 ファックス 048-669-6169
  • 大宮区役所保健センター 電話番号 048-646-3100 ファックス 048-646-3169
  • 見沼区役所保健センター 電話番号 048-681-6100 ファックス 048-681-6169
  • 中央区役所保健センター 電話番号 048-853-5251 ファックス 048-857-8529
  • 桜区役所保健センター  電話番号 048-856-6200 ファックス 048-856-6279
  • 浦和区役所保健センター 電話番号 048-824-3971 ファックス 048-825-7405
  • 南区役所保健センター  電話番号 048-844-7200 ファックス 048-844-7279
  • 緑区役所保健センター  電話番号 048-712-1200 ファックス 048-712-1279
  • 岩槻区役所保健センター 電話番号 048-790-0222 ファックス 048-790-0259

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健所/疾病予防対策課 疾病対策係
電話番号:048-840-2211 ファックス:048-840-2230

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る