ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年5月15日 / ページ番号:C059143

クマガイソウの観察日記2018

このページを印刷する

見沼区では、平成20年にクマガイソウを「区の花」と制定しました。
見沼区御蔵の民家の竹林に自生しており、さいたま市の天然記念物にも指定されています。
平成30年も「クマガイソウの観察日記」を更新していきますので、成長の様子をご覧ください。

クマガイソウについて

クマガイソウは、『環境省レッドデータブック2015』や『埼玉県レッドデータブック2011』などに掲載されている絶滅危惧植物です。
見沼区御蔵の自生地でも、20年前と比べてかなり数が減っているそうです。
みなさん、区の花クマガイソウを大切に見守ってくださいね。

見沼区の花クマガイソウ

クマガイソウの観察日記2018

写真はクリックで拡大できます。

平成30年3月28日(水曜日) 晴れ

すっかり春になりました。クマガイソウが芽を出しています!
日蔭では5~6センチメートル、日当たりのよい場所では10センチメートルほどでしょうか。
例年よりも成長が早い印象です。
今年もきれいな花がたくさん見られるといいですね。

平成30年3月28日撮影(1) 平成30年3月28日撮影(2)

平成30年4月3日(水曜日) 晴れ

暖かい晴天が続いています。
日陰のクマガイソウは葉が開き始めました。
日当たりのよい場所のクマガイソウは、つぼみをつけています!
竹林でもすくすく成長していました。
例年4月下旬から5月初旬頃に開花しますが、今年は早まりそうです。

平成30年4月3日撮影(1) 平成30年3月28日撮影(2) 平成29年3月31日(1)

(番外編)
平成30年3月28日撮影(番外編)
イカリソウがかわいい花を咲かせていました。

平成30年4月9日(月曜日)晴れ

先週末より平年並みの気温となりましたが、今日は暖かな日となりました。
日陰のクマガイソウはつぼみをつけていました。

平成30年4月9日撮影(1)

そして、日なたのクマガイソウは開花し始めています!
観察しているクマガイソウは、隣のクマガイソウの葉に隠れてしまい、わかりにくいのですが、写真の中央付近にピンクの部分が見えるでしょうか?

平成30年4月9日撮影(2)

下の写真は別のクマガイソウですが、花弁の様子をご覧ください。
5センチメートルほどの大きさで、紅紫色の袋状になっています。
クマガイソウの名前は、花の袋状のところが武将「熊谷直実(クマガイナオザネ)」が背負った「母袋(ホロ)」に似ていることから名づけられました。

平成30年4月9日撮影(3)

間もなく、きれいに咲き揃ったクマガイソウを見ることができそうですね。

(番外編)

平成30年4月9日撮影(番外編1)
ハナミズキが満開でした。
平成30年4月9日撮影(番外編2)
イカリソウもたくさん
咲いていました。
平成30年4月9日撮影(番外編3)
青空を背景にしたヤエザクラが
きれいでした。

平成30年4月16日(月曜日)晴れ

土日は雨が降りましたが、今日は晴れています。
クマガイソウが満開です!
日陰のクマガイソウも日当たりのよい場所のクマガイソウも、きれいに咲いていました。

平成30年4月16日撮影(1) 平成30年4月16日撮影(2)

御蔵のクマガイソウを守っていくため、今年も研究者の方々が調査に来ていました。
(竹林は私有地であり、クマガイソウの他にも貴重な野草が生えているため、通常は立ち入り禁止です。今回は、専門知識のある方が、調査のため特別に許可を得て中に入っています。)

平成30年4月16日撮影(3)

私もこの日は特別に許可を得て、竹林の中を撮影させてもらいました。

平成30年4月16日撮影(4)

(番外編)
平成30年4月16日撮影(番外編1) 平成30年4月16日撮影(番外編2)
ボタンやツツジが咲いていました。

平成30年4月23日(月曜日)曇り

週末は4月とは思えないほどの暑さになりましたが、今日は過ごしやすい気温です。
今年は開花時期が早かったため、日陰のクマガイソウは花が残っているところもありますが、多くが枯れてしまいました。

平成30年4月23日撮影(1) 平成30年4月23日撮影(3) 平成30年4月23日撮影(4)

この日も研究者の方々が調査を行っていました。
下の写真は、竹林内のクマガイソウの数を数えているところです。
(竹林は私有地であり、クマガイソウの他にも貴重な野草が生えているため、通常は立ち入り禁止です。今回は、専門知識のある方が、調査のため特別に許可を得て中に入っています。)

平成30年4月23日撮影(5) 平成30年4月23日撮影(6)

竹林の中のクマガイソウも枯れていましたが、いくつか咲いているものを見つけることができました。

平成30年4月23日撮影(7) 平成30年4月23日撮影(8)

(番外編)
クマガイソウは枯れてきてしまいましたが、春の花がたくさん咲いていました。
平成30年4月23日撮影(番外編3) 平成30年4月23日撮影(番外編1) 平成30年4月23日撮影(番外編4)
平成30年4月23日撮影(番外編10) 平成30年4月23日撮影(番外編5) 平成30年4月23日撮影(番外編8)
平成30年4月23日撮影(番外編4) 平成30年4月23日撮影(番外編11) 平成30年4月23日撮影(番外編12)

平成30年5月11日(金曜日)晴れ

ここのところすっきりしない天気が続いていましたが、今日はいい天気になりました。
クマガイソウの花はすっかり終わってしまいました。
平成30年5月11日撮影( 平成30年5月11日撮影(2)

受粉に成功していれば、種を作る可能性があります。
種ができると、茶色に枯れた花の付近の茎が緑色のまま太くなるそうです。
(茎まで枯れているものは、種ができていませんが、地下茎でも増えるので安心してください。)
平成30年5月11日撮影(3) 平成30年5月11日撮影(4)
次年度もきれいな花をつけているクマガイソウをたくさん見られるといいですね。

見沼区コミュニティ課のカウンターにはクマガイソウの造花が展示されています。
区役所にお越しの際には、是非ご覧ください。
クマガイソウ展示品


関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

見沼区役所/区民生活部/コミュニティ課 
電話番号:048-681-6020 ファックス:048-681-6161

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る