ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年3月31日 / ページ番号:C053176

大宮商業高等学校のインターンシップを受け入れました(平成28年度)

このページを印刷する

大宮商業高等学校のインターンシップ

大宮区役所では、平成29年1月23日から1月27日までの5日間、埼玉県立大宮商業高等学校のインターンシップで4名の生徒を受け入れました。このインターンシップは、大宮商業高等学校が「企業における就業体験を通して働くことの喜びと厳しさ、さらに職業人としての心構えを学習させる」ために計画した職業体験です。  

インターンシップの様子と感想

2インターンシップ(H28)インターンシップ(H28)

・生徒4名の感想を紹介します
今回、区役所で職業体験をして、事務職ばかりというイメージが無くなり様々なことをされていることを知りました。初日は、区役所の仕事の説明をしていただきました。区役所には多くの課があり、どの課も住みやすい町を作るためには欠かせない活動をしており、いろいろなことが分かりました。例えば選挙は引っ越しをしてすぐにその市に投票できないことが分かりました。そして、今問題になっている待機児童や育児学級など、子育てのサポートまで行っていることを説明していただきました。育児学級が近い地域の人たちと交流を持たせることなどをしていて、ママ友を増やすということをしてすごく考えていると思いました。三日目には、防災・防犯係の補助と動物愛護センターを見学しました。動物愛護センターでは、迷い犬や捨て猫を飼い主に返すだけでなく、病気になった動物に簡単な治療から手術までしていることを知りました。四日目は、自転車の盗難にあわないようにカバーや鍵を配るツーロックキャンペーン活動をしました。受け取ってくれる人がとても多く、これで盗難が減って安心に暮らせると思いました。この町が平和に暮らせるのは、市役所や区役所が、しっかりとサポートしていることに気が付きました。将来は事務職だけでなく、実際に現場に出て働くことも考えようと思いました。忙しい中、丁寧に指導してくださった職員の方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。五日間本当にありがとうございました。

私は5日間さいたま市大宮区役所にお世話になりました。区役所で事業体験するまでは戸籍の管理が主な仕事だと思っていましたが実際にはたくさんの課に分かれていることを知りました。体験させていただいた中で初日の午後に行ったブルーシートを広げてきれいにしてたたむという作業がとても大変でした。2日目の午後からは保健センターで子育て支援の講座・教室の補助をしました。区役所で子育てに関する講座などを開いている事を知らなかったので驚きました。たくさんの方が参加されていてすごいなと思いました。防災・防犯係の補助では講演会の後に配る景品の袋詰めの作業をしました。1000個も袋詰めするのはとても大変でしたが楽しんでできました。ツーロックキャンペーンの補助では区役所の前で区役所に来た方や歩いている人に自転車の前かごにつけるカバーと自転車につける鍵をお配りしました。最初は知らない人に声をかけるのはとても緊張し受け取ってもらえなかったら嫌だなと心配していたのですが、意外とたくさんの方が受け取ってくれてその場で実際に使ってくれる方もたくさんいて嬉しく思いました。5日間という短い間でしたが、インターンシップを通して普段なかなかできない体験をさせていただきとても良い経験になりました。5日間で学んだことをこれからの進路に生かしていきたいと思いました。本当にありがとうございました。

インターンシップ5日間で色々な経験をしました。初日は、総務係や防災・防犯係、選挙・統計係についての説明を聞いたり、庁内を見学したり、選挙で使ったブルーシートの片付け、紙のラミネートをしました。さいたま市の成り立ちや、知らなかった情報を色々知ることができました。2日目は、婚姻届を実際に書いてみたり、保育園の点数付けを行ったり、保険税の計算をしたりしました。保育園の点数付けは、チェックする部分がたくさんあり、とても大変だなと思いました。また、保健センターでは赤ちゃんの講座の受付を行ったり、参加したりしました。このような講座を区役所が行っているということを初めて知りました。3日目は、講演会の時に配る景品の袋詰めをしました。このようなお仕事もなさっていて大変だなと思いました。4日目は、ツーロックキャンペーンということで、外で自転車の前カゴカバーと鍵を配りました。最初は緊張しましたが、少しずつ慣れてきて通行人の方とたくさんコミュニケーションをとることができました。最終日は、実際に氷川参道から氷川神社、NACK5スタジアムまでを散策し、おすすめスポットを紹介するということをしました。普段入ることのできないところにも行かせていただき、新鮮な感じがしました。名前の由来や意味などたくさんのことが学べました。インターンシップに参加して、たくさんのことが学べたので、これからの生活や就職活動に生かしていきたいと思います。とても良い経験ができました。本当にありがとうございました。

私がインターンシップで大宮区役所の仕事をさせて頂いて感じたのは、簡単そうに見える仕事が実は重要で大切だということです。区役所は基本的に個人情報を扱っている職業なので、自分たちが経験できたのは、防災・防犯係で行われているイベントに参加した人にプレゼントする4つの品を袋に詰めたり、レジャーシートを綺麗に折りたたんだりという様な簡単な作業が多かった印象があります。ですが、簡単な作業でも疲れましたが楽しく1週間を過ごすことが出来ました。まだ数回しか訪れたことのない区役所に入っていきなり区長室の中で、区長・副区長を初めとする大宮区役所職員の皆さんに自己紹介を含めた挨拶をするところから1日目が始まりました。今でもすごく緊張していたことを覚えています。4日目には区長と副区長と昼食を一緒に食べることもできて、とても嬉しく思いました。たくさん質問をしていただけたので、話も弾んで本当に楽しい時間でした。最終日に再び区長室を訪れて閉会式を行いましたが、初日にような緊張はほとんど無くなり、リラックスした状態で入室することが出来ました。今日で最後と思うと寂しい気持ちになりましたが、しっかりと感謝の気持ちを伝えられました。また、自分が5日間のインターンシップの中で一番印象に残っている体験は3日目の実習で「動物愛護センター」に行ったことです。普通にお客としてきた時には入ることのできない手術室や、迷子の犬だったり捨てられていた猫を世話する部屋等のような場所を案内していただけて、貴重な体験が出来ました。そして、動物園に行ってもあまり体験できない犬の散歩もできて、犬を飼っていない自分にとってとても新鮮でした。どの動物も近づくと足元に寄ってきて、とても可愛かったです。1週間の中で学んだことはたくさんあり、進路を決めるときにしっかりと役立てたいと思います。

・総務課担当者の感想
明るく元気なあいさつと笑顔で、区役所の雰囲気を明るくしてくれるので、毎年、大宮商業高等学校の生徒の皆さんが来るのを楽しみにしています。インターンシップで経験していただいた仕事は、地道な作業が多く、大変だったと思います。しかし、生徒の皆さんは与えられた指示に迅速・的確に対応するだけでなく、臨機応変に行動することができました。5日間という短い期間でしたが、何事にも一生懸命に取り組む様子が印象に残っています。この経験を通して学んだことが将来について考える一助になれば幸いです。ひたむきで素直な生徒の皆さんを受け入れることができて、区役所職員一同、光栄に思っています。5日間、ありがとうございました。そして、本当にお疲れ様でした。今後一層ご活躍されますよう応援しております。

この記事についてのお問い合わせ

大宮区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-646-3012 ファックス:048-646-3160

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る