ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年4月4日 / ページ番号:C059130

大宮商業高等学校のインターンシップを受け入れました(平成29年度)

このページを印刷する

大宮商業高等学校のインターンシップ

大宮区役所では、平成30年1月29日から2月2日までの4日間(2月1日を除く)、埼玉県立大宮商業高等学校のインターンシップで4名の生徒を受け入れました。このインターンシップは、大宮商業高等学校が「企業における就業体験を通して働くことの喜びと厳しさ、さらに職業人としての心構えを学習させる」ために計画した職業体験です。  

インターンシップの様子と感想

2インターンシップ(H28)インターンシップ(H28)

・生徒4名の感想を紹介します
私はインターンシップで4日間、大宮区役所で事業所体験をしました。大宮区役所を選んだ理由は、商業高校で得た知識を生かし、事務職に就きたいと思ったからです。一日目、午前中に大宮区役所についての説明や庁内にある課の種類、また、どんなことを行っているかという説明を受けました。さいたま市は私が生まれて1年後に与野、大宮、浦和が合併してつくられた大きな市であり、今では人口100万人以上の人々が住んでいること、また政令市とも呼ばれていることを初めて知りました。さらに、その中でもさいたま市は全国で市内人口が上から3番目ということにとても驚きました。二日目の午前中は保険介護課に行き、百歳体操と呼ばれるストレッチや筋トレを行いました。筋トレでは1個200gの重りを最大6個つけられるバンドを使用していました。私は重りを最大の6個にして行いましたが、本当に厳しかったです。また、継続して行うことが大切なため休憩時間に近くにいらした市民の一人一人に続けてもらえるように声かけをしました。三日目は、午前に氷川神社、大宮公園を周り、午後に大宮公園周辺をPRするパネルの作成をしました。作業するまでの写真選びや構成に多くの時間をかけてしまい、時間内に終えることができませんでした。しかし、担当の方に最終日時間を割いていただきましたので、四人の仲間で早く終われるよう協力し、意見しあって、完成させることができました。このことから、期限を守ることやチーム間のコミュニケーションが重要だと気づかされました。四日目は区民課・保険年金課・地域商工室の説明を受けました。はじめの二課の説明は今の私たちにはあまり馴染みのないものでしたが、自分たちの将来に必要になる有意義な内容でした。総務課の地域商工室では電圧機に特殊な塗料で鮮やかに表示してある広告など普段利用している大宮駅がさまざまな面で工夫が施されていることが分かりました。この四日間を通じて私は職員全員が地域の住民や大宮を訪れる方々に対して、さまざまな努力や取り組みが行われているということを知りました。公務員にならない限りできないような貴重な体験をすることができ、とてもよかったです。インターンシップで身に付けたことを活かし、これからの生活を有意義なものにしたいです。四日間ありがとうございました。

私は今回のインターンシップを通して、協力することの大切さを学ぶことができました。これまで、事前学習などで、協調性が大切ということは聞いていました。しかし、普段の生活ではあまり実感がなく、なぜ協調性が必要なのだろうか、よくわかっていませんでした。今回のインターンシップでは4人で協力して「コミュニティ課」の大宮区をPRするための展示パネルの作成や「総務課防災・防犯係」の「大宮区安全・安心のつどい」で配る記念品の袋詰めをしました。展示パネルに4人で文章を書くとき、私は文章を考えて書くことが苦手なため、とても困ってしまいました。そこで、私は「文章は3人に頼んで、ほかの作業を進めよう」と考えました。そのことを3人に話したら、快く応じてくれました。それで私は、写真のラミネート加工や、写真や文章の貼り付け、パネルの装飾などをしました。このことから、私は限られた時間の中では苦手なことを1人で抱え込んで作業が止まってしまうよりも、できることを見つけて、作業を進めていくほうが良いと感じました。それから、記念品の袋詰めを4人で始めたときはまだ分担をしっかりと決めていませんでした。それゆえ、作業効率が悪く、時間内に終えることができないと思い、4人で少し話し合いました。そして、それぞれ「袋に入れるものを揃える」「袋に入れる」「袋を箱に入れる」「足りなくなったものを補充する」作業を担当することに決めました。すると作業効率が格段に良くなりました。それで、予定されていた時間よりも1時間早く終わらせることができました。私は今回のインターンシップで、苦手な事を1人で抱え込んで、作業を進めることができなくなってしまったとき、仲間と協力することでうまく問題に対応できることがわかりました。また、1人では効率が悪くなってしまう作業でも、みんなで協力すると、とても効率よく作業を終わらせることができるということを実感しました。そして、今までよくわかっていなかった、協調性が大切であるということをしっかりと学ぶことができました。4日間本当にありがとうございました。

私は、4日間さいたま市大宮区役所でのインターンシップにおいて色々な場所で実務を行い、そこから様々なことを学ぶことができました。区役所で働いている職員の皆様は仕事の種類こそたくさんありますが、最終的には区民の方が安全・快適に暮らしていく為にはどうしたらよいかを常に考え、生活ニーズに合ったより良いサービスを柔軟かつ積極的に提供していき、そして誰にとっても住み心地の良い素敵な街をいかにして作っていくのかを責務とされていることがわかりました。その中で、どの職員の方も仕事に対して
一生懸命で、自分がやっている仕事に本当に誇りを持っていらっしゃると感じてとても感激しました。2日目には、高齢介護課で介護体操教室に参加させていただき、実際に私も百歳体操という体操を体験しました。百歳体操というものは住民主体の体操教室です。区役所はその体操を高齢者にやるよう呼びかけをしており、私たちも参加されていた高齢者の皆様に、「この体操を続けて長生きしてください」と伝えました。そしたら笑ってくれたのでこっちまで嬉しくなりました。このように私も何か人の役に立ち、人を喜ばせたいと思いました。他にもこのインターンシップで学び得たことはたくさんありますが、強く感じたことは人は一人ではなく本当に繋がり合いがあって日々の生活を送っているということです。たった一人のわがままが大きな迷惑を生み出すこと、たった一人の親切で多くの人の笑顔に繋がること。区の職員の皆様はこの小さな「ありがとう」の為に頑張っていらっしゃるのだと思います。このインターンシップを通じて公務員という仕事の内容や役割、苦労、やりがいをじかに肌で体験し、私なりに理解することができてとても有意義なものになりました。この経験は私にとって大きな社会勉強になったと同時に公務員でなくとも基本的な挨拶や返事の大切さ、さらに自己実現したり、社会貢献をしたりするという社会で働く意味を学ぶことができたと感じています。この貴重な体験を、自分の財産にして、将来の職業について考えたり、今後の生活に最大限に活かしていきたいと思っています。4日間ありがとうございました。

私は将来、事務職に就きたいと思っているので、インターンシップ先として、さいたま市大宮区役所を選ばせていただきました。区役所で職業体験をさせていただくまでは、戸籍や個人情報などの書類の管理、デスクワークといった堅いイメージがありましたが、実際には多くの課があり、住みやすい街づくりをするにはどの課も重要であり、大切な役割を果たしていることが分かりました。また、デスクワークだけでなく外に出て活動をしていたり、区役所内にある教室等で講義を開いていることが分かり、人と人とのコミュニケーションを大切にしていることを感じられました。私は職業体験中、すごく緊張していましたが、そのたびに区役所の方が優しく声をかけてくださったおかげで緊張がほぐれ、リラックスすることができました。初日には、区役所の仕事についてや総務課の総務係、防災・防犯係、選挙・統計係についての説明を聞いたり、庁内の見学をしました。今まで知らなかった区役所の仕組みや仕事内容などを知ることができました。2日目の午前は大宮北公民館に行き、介護体操教室に参加しました。おじいちゃん、おばあちゃん方と一緒に体操をした時は、少しきつかったですが、体がしっかり伸びている感じがあり気持ちよかったです。午後は動物愛護センターに行き、普段入ることのできない手術室、迷子や捨てられた犬や猫の世話をする部屋に案内していただけて貴重な体験ができました。3日目は大宮公園と氷川神社を散策し、オススメの場所を紹介することをやり、今まで知らなかった場所もありましたがしっかり調べてパネルに書くことができたのでよかったです。最終日は区民課や保険年金課、総務課の地域商工室の事業説明を聞いたり、離乳食教室では講義を聞いたり、資料をホッチキスでとめる作業をしました。1週間という短い間でしたが、普段できないことを体験することができ、事務職というものを理解することができたと思います。今回の経験を生かして進路を決めていきたいと思います。本当にありがとうございました。


・総務課担当者の感想
明るく元気なあいさつと笑顔で、区役所の雰囲気を明るくしてくれるので、毎年、大宮商業高等学校の生徒の皆さんが来るのを楽しみにしています。インターンシップを経験していただいた総務課の仕事は、地道な作業が多く、大変だったと思います。しかし、生徒の皆さんは与えられた指示に迅速・的確に対応するだけでなく、臨機応変に行動することができました。4日間という短い期間でしたが、何事にも一生懸命に取り組む様子が印象に残っています。今回来てくださった生徒の皆さんの中には、市役所で働きたいという方もいましたので、この経験を通して学んだことが将来について考える一助になれば幸いです。ひたむきで素直な生徒の皆さんを受け入れることができて、区役所職員一同、光栄に思っています。4日間、ありがとうございました。そして、本当にお疲れ様でした。今後一層ご活躍されますよう応援しております。

この記事についてのお問い合わせ

大宮区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-646-3012 ファックス:048-646-3160

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る