ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2018年10月15日 / ページ番号:C035771

メインコンテンツです。

健康科学研究センター屋上からの大気観察記録

このページを印刷する

健康科学研究センター屋上からの大気観察記録【 平成30年9月 】

健康科学研究センター(以下「センター」と表記します)環境科学課では、毎月センター屋上で有害大気汚染物質等モニタリング調査を行っています。センター屋上からは遠くの景色を見渡すことができ、天候や大気の状態によって約100キロメートル離れた富士山を望むことができることもあれば、近くのさいたま新都心ビル群すらかすんで見えることもあります。ここではモニタリング調査に合わせて屋上からの写真や観察時のデータを観察記録として掲載します。

掲載内容の詳細説明はこちらをご参照ください。

それでは大気観察結果をご覧ください 

1.屋上からの写真

撮影日時 平成30年9月5日 14時頃
撮影時天気 晴れ
測定値(速報) SPM 41 μg/m3   Ox  50 ppb    
風向 S※ 風速 5.1 m/s※    
観察結果 前日の台風21号の影響により、カメラの三脚が倒れてしまうほどの強い風が時折吹いていました。上空には雲一つない青空が広がり、地上付近はかなりかすんでいました。さいたま新都心ビル群は青空を背景にはっきりと観察されました。東京スカイツリーはかなりかすみながらも姿を観察することができました。富士山は姿をとらえることができませんでした。
※風向・風速データが欠測であったため気象庁ホームページのさいたま地点風向・風速データを引用
さいたま新都心ビル群
(約2.3km先)
201809さいたま新都心
 
東京スカイツリー
(約25km先)
201809東京スカイツリー
 
富士山
(約100km先)
201809富士山
 

2.大気調査時の気温と湿度

201809気温湿度グラフ


9月5日9時から6日9時までの24時間の気温と湿度の変化です。
調査開始日の天気は曇りのち晴れで、前日の台風による強い風の影響で開始時は雲が多かった上空も午後には青空が広がり、日中にかけて気温は徐々に上昇、湿度は低下しました。翌日の天気は雲が浮かぶ晴れで、強い日差しと暑さが感じられ、日の出とともに気温は上昇、湿度は低下しました。





3.ろ紙の写真

201809ろ紙
採取前         採取後


9月5日から6日にかけて、センター屋上で大気中の粉じんを24時間採取したろ紙です。
採取後のろ紙はやや薄い灰色でした。採取期間中に降雨はありませんでしたが、前日から当日未明に台風による降雨があり、その後も風が強く、大気中の粉じんがやや少なめであったと考えられます。                          
 



ブレイクショット

ここでは、毎月の大気観察記録とは別に観察された写真をご紹介します(不定期掲載)。

今回は、9月28日に観察された富士山等の写真です。

この9月は秋雨前線や台風の影響によりぐずついた天気が多く続きました。
撮影を行った日も、
前日は雨が降り、沖縄には台風24号が接近していましたが、
悪天候の合間をぬって久しぶりに青空が広がりました。
午前9時半頃、上空は雲一つない青空で、
富士山も山頂の一部ではありますが、
久しぶりに姿を確認することができました。

201809ブレイクショット1富士山


屋上の植物は水滴をたずさえながら久しぶりにたっぷりと日差しを浴びていました。

201809ブレイクショット2葉としずく
201809ブレイクショット3葉としずく2


その傍ら、地面を這うように広がる鮮やかな緑色の植物がありました。

201809ブレイクショット4ロゼット
201809ブレイクショット5ロゼットアップ


しかもなんと葉の裏面は真っ白。
写真ではわかりづらいかと思いますが、
表の緑と比較すると明らかに白く観察されました。

201809ブレイクショット6ウラジロ
201809ブレイクショット7ウラジロ2


書籍等で調べたところ、ウラジロチチコグサという植物とみられます。
ヘラ型の葉の表面は緑色ですが、
裏面には白い毛が密に生えているため白く見えるようです。
夏の後半から秋にかけて発芽、
葉が地面に張り付くように広がるロゼットと呼ばれる形で越冬し、
翌年の6~8月ごろには茎をのばして茶褐色の頭状花を多数つけるそうです。
ロゼットは踏みつけに強く、草刈りからもまぬがれやすい形状です。

一見かわいらしく見える平らな形状と葉の色ですが、
踏みつけられても寒い冬でもしっかり生き抜けるようにするための
植物のたくましい姿なのだと知ることができました。

~・~ 特別編 ~・~

9月24日は中秋の名月でした。
すっきりとしない天気が続く中、
幸運にも当日は月を観察することができました。
ここでは、9月24日19時頃に観察された月の様子をお届けします。

201809ブレイクショット特別編1月
201809ブレイクショット特別編2月アップ



掲載月ダウンロードファイル(PDF形式)


 大気観察記録(平成30年9月)

   

平成25年度、26年度、27年度、28年度、29年度の大気観察記録については
こちら 〔資料館 > 専門科学情報 〕
をご覧ください。


平成30年度の過去の大気観察記録については、以下の関連ダウンロードファイルをご参照ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/環境科学課 大気係
電話番号:048-840-2265 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る