ページの本文です。

平成30年度年間スケジュール

作品画像の無断使用・転載を禁止します。

浦上コレクション
北斎漫画:驚異の眼、驚異の筆

HOKUSAI MANGA from Uragami Collection: Miraculous eyes, Marvelous brushes

4月21日(土曜日)~6月17日(日曜日)
ギャラリーABC

世界でその名を知られる江戸の浮世絵師、葛飾北斎(1760‐1849年)。『北斎漫画』は1814(文化11)年、弟子達の絵手本として刊行され、庶民に絶大な人気を博して1878(明治11)年までに15編が刊行された、北斎の代表作の一つです。人々の生活や動植物、自然現象や各地の名勝、歴史上の人物、さらには神仏、幽霊まで、森羅万象のあらゆるものを、時にユーモラスに、時にダイナミックに描き出しました。本展では、世界一の質と量を誇る『北斎漫画』コレクター、浦上満氏のコレクションより、北斎の眼力、画力を結集した北斎漫画の世界をご紹介します。

hokusai_manga
《風のいたずら》

収蔵品展
初公開 三尾呉石《猛虎之圖》

UAM collection:MIO Goseki, Fierce Tiger

5月2日(水曜日)~6月17日(日曜日)
ギャラリーD 

昨年収蔵したばかりの屏風《猛虎之圖》を初公開します。作者の三尾呉石(みおごせき/1885[明治18]~1946[昭和21]年)は、1923(大正12)年の関東大震災後に現在のさいたま市浦和区に移住した、地域ゆかりの日本画家です。猛勇の象徴として虎の絵が好まれた明治から昭和の戦争の時代に虎図で人気を博しました。「虎の呉石」として知られた画家の当時の人気の高さや、その画風を示すにふさわしい金屏風の大作です。この機会にぜひご覧ください。 

猛虎之圖_左隻 猛虎之圖_右隻
三尾呉石 《猛虎之圖》 1936年
絹本彩色 屏風(二曲一双)各隻173.0×178.0×2.0cm 平成29年度寄贈

ぼくと わたしと みんなの
tupera tupera 絵本の世界展

Exhibition of tupera tupera's Picture Book World
For You, Me & Everyone

7月7日(土曜日)~8月31日(金曜日)
ギャラリーABC

tupera tupera(ツペラツペラ)は、亀山達矢と中川敦子による男女2人組のユニットです。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、舞台美術、アニメーション、雑貨と、様々な分野で幅広く活躍しています。
特に絵本では、2013年、『しろくまのパンツ』が日本絵本賞読者賞と街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリを、翌年も『パンダ銭湯』が街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリを受賞するなど、その斬新かつユーモアあふれる作品はあつい支持を集めています。日常の生活や子育てなどから見いだされる数々のアイデアは、不思議だけれど圧倒的に楽しい作品を形づくっています。本展は、tupera tuperaの初めての大規模な展覧会。どうぞお見逃しなく!

夏休み期間中は、恒例の「絵本の読み聞かせ会」や「創作コーナー(自由工作室)」も予定しています。

tupera-tupera_2 tupera-tupera_monster
左図:「かおノート2」 2010年🄫tupera tupera/コクヨ株式会社
右図:「かおノートモンスター」 2015年🄫tupera tupera/コクヨ株式会社 

美術への挑戦
1960's‐80's:秘蔵されていたアート・ブック(仮題)

Challenges from the other side 1960's‐80's

11 月17日(土曜日)~2019年1月14日(月曜日)
ギャラリーABCD

当館の収集方針の一つである「本のアート」に関する収蔵作品の中から未公開の作品を中心に紹介します。
1950年代半ば以降、現代美術において作品の在り方が多様化し、既存の美術制度や概念に対する疑問が顕在化してゆきました。そのような状況の中で、美術のために用意された空間ではない、新しい表現の場として、簡易で大衆的な出版物に着目したアーティスト達がいました。彼らは豊かな発想力やユーモアによって、アーティスト・ブックや雑誌、エフェメラ等、非常に多くの出版物を制作、発行しました。本展では500点を超えるコレクションを時系列に追いながら、1960年代から80年代まで出版物に取り組んだアーティスト達の動きを追います。

エドガルド・アントニオ・ヴィゴ作品
エドガルド・アントニオ・ヴィゴ「機密情報:開封禁止」制作年不明

展示室貸出(貸館)

上記展覧会を開催していない期間は、展示室貸出(貸館)を行っています。
展示室貸出(貸館)期間は、観覧料無料です。

平成30年度 展示室貸出期間(予定)

4月上旬

一般利用

9月

教育利用

10月

第16回さいたま市美術展覧会

平成31年1月下旬~2月

教育利用

3月

一般利用

詳しくはお問い合わせください。
予定は都合により変更になることがあります。予めご了承ください。

このページの先頭へ