ページの本文です。

サカツ・コレクション 日本のポスター芸術:明治・大正・昭和の彩り

日本のポスター芸術展_ポスター 

新しい商品を広めながら店頭を飾り、生活を彩った広告ポスター。日本でポスターが作られ始めた明治以降、浮世絵に続く美人画の系譜を元に、日本画家や洋画家、図案家や無名の職人らによって、高度な印刷技術を駆使した色鮮やかなポスターが数多く作られました。時に海外の美術様式などを取り入れながら、最先端の流行や時代の美意識を映し出したポスターは、憧れとともに鑑賞される対象でもありました。

本展では、散逸した飲料メーカーのポスターの収集・保存に努めるサカツ・コレクションより、美人画ポスターを中心に、選りすぐりの約85点を展覧します。明治の引札から昭和戦前期まで、懐かしくも新しい貴重なポスターの数々をご覧いただきます。あわせて、当館とさいたま市立博物館のコレクションより、同時代の印刷物として時代を彩った本や雑誌も紹介します。

商品のみならず、ファッションから建物まで、人々の嗜好や風俗、世相を映したグラフィック作品を通して、日本の広告史、デザイン史、文化史、近代史の豊かな一端に触れることができるでしょう。レトロでモダン、時にノスタルジックで今なお新鮮、多彩なポスターや本の数々をお楽しみください。

会期
平成29年4月22日(土曜日)~6月18日(日曜日)

休館日
月曜日

開館時間
午前10時~午後5時、土日のみ~午後8時(入場は閉館30分前まで)

会場
うらわ美術館

観覧料
一般610円(480円)、大高生410円(320円)、中小生200円(160円)

  • ( )内は20 名以上の団体料金
  • 障害者手帳をお持ちの方及びその付添いの方1名は半額
  • 観覧済の有料観覧券のご提示により、団体料金でご覧いただけます(観覧日から1年以内、1名様、1回限り)。

主催
うらわ美術館

協力
株式会社サカツコーポレーション

企画協力
E.M.I.ネットワーク

調査協力
田島奈都子

構成

1.明治:文明開化とポスターのはじまり

2.大正:大正デモクラシーと豪華ポスター

3.昭和:戦前期の世相と大衆文化

コーナー展示:モダンライフ:男性、子ども、動物、風景 

本展の見どころ

  • 北野恒富、伊東深水らの日本画家、満谷国四郎、和田三造、伊原宇三郎らの洋画家によるポスターや、杉浦非水、多田北烏ら日本のデザインを牽引した図案家、そして無名の職人らによる、多彩なポスターを紹介。
  • 江戸の薫りを残す明治の引札から、時代の先端を行くモダン文化を映し出した大正、昭和初期のポスター、人々の嗜好、生活を映し出した昭和のポスター等、選りすぐりの約85点を紹介。
  • 日本酒や洋酒、サイダー等、時代とともに広まり親しまれた、今も馴染みの商品のポスターを多数紹介。
  • さいたま市立博物館、うらわ美術館のコレクションより、同時代の印刷文化を共有する美しい本や雑誌を特別追加出品。

関連事業

田島奈都子氏(青梅市立美術館 学芸員)によるギャラリー・トーク
「日本のポスター:見どころ散策」

4月29日(土曜日)、14時~
自由参加。ロビーにお集まりください。当日の観覧券が必要です。

当館学芸員によるギャラリー・トーク

5月14日(日曜日)、5月27日(土曜日)、6月11日(日曜日)、14時~
自由参加。ロビーにお集まりください。当日の観覧券が必要です。

同時開催

第8回世界盆栽大会inさいたま記念
「植物とうつわ」展

コレクション交流展(ギャラリーD、観覧無料

プレスリリース

プレスリリースは下記の添付ファイルをダウンロードしてください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

地図情報をスキップする。

地図情報

このページの先頭へ