ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年5月10日 / ページ番号:C065080

税に関する証明書、申告書及び通知書等の文書における元号表記について

このページを印刷する

 本市が取扱う税に関する証明書、申告書及び通知書等の文書における元号表記について、改元日以降の元号が旧元号の「平成31年」または「平成32年」と表記されているものは、それぞれ「令和元年」または「令和2年」に読み替えをお願いします。
 なお、旧元号で表記された文書であっても、法律上の効果が無効になることはありませんので、ご理解をお願いします。

対象となる主な文書
種別 文書
証明書関係 所得証明書、課税証明書、非課税証明書
名寄帳(証明、閲覧用、税額なし)
公租証明書、評価証明書、資産証明書
納税証明書
申告書関係 市民税・県民税申告書
償却資産申告書
通知書関係 納税通知書
税額決定通知書
納付書

この記事についてのお問い合わせ

財政局/税務部/税制課 
電話番号:048-829-1160 ファックス:048-829-1986

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る