ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年4月1日 / ページ番号:C057152

どうなってるの?水道料金 ( 水道料金Q&A )

このページを印刷する

≪ 目 次 ≫

  • Q1. 支払った水道料金はどのようなことに使われているの?
  • Q2. 水道料金はどのような考え方で決められているの?
  • Q3. 水道料金はどうして市によって違いがあるの?
  • Q4. 水をまったく使っていなくても、決まった額の料金がかかるのはどうして?
  • Q5. 水をたくさん使うほど料金が高くなるのはどうして?
  • Q6. 水道メーターの口径が大きくなると料金が高くなるのはどうして?
  • Q7. 事業の運営で生じた純利益の分、水道料金を値下げできないの?
  • Q8. さいたま市の水道料金は全国平均とくらべるとどのようになっているの?
  • Q9.「口径別料金」とは?
  • Q10. なぜ8立方メートルまでは料金が変わらないの?
  • Q11. 水道料金はなぜ2か月に1回の請求なの?

Q1. 支払った水道料金はどのようなことに使われているの?

A. 水道料金は安全で良質な水を安定して送るため、水質を検査したり、水道管が壊れていないか調査して直したりする費用などに使われています。それらの経費は税金ではなく、使用者の皆さまにお支払いいただいている水道料金を主な財源とする「独立採算制」で運営されています。

Q2. 水道料金はどのような考え方で決められているの?

A. 水道事業を運営するためには多くの業務が必要となり、さまざまな経費がかかっています。
その必要となる経費を使用水量などに応じて、使用者の皆さまに負担していただくように水道料金は設定されています。


→水道水を蛇口までお届けするために必要な業務

Q3. 水道料金はどうして市によって違いがあるの? 

A. 水道料金は水道事業を運営する事業体によって異なっています。これは水源の種類や水道施設の建設時期、人口密度などさまざまな条件によってかかる経費が事業体ごとに違っているからです。

Q4. 水をまったく使っていなくても決まった額の料金がかかるのはどうして?

A. 水道は蛇口をひねればいつでも安全な水が安定して出るようにするため、ご使用にならない時でも、きれいな水を一定の水圧で送り出す必要があります。「基本料金」とは、このような体制を維持するために必要となる水道施設や、使用水量の検針に必要となる水道メーターにかかる経費などの一部をまかなうため、使用水量に関わらず負担していただくものです。
一方、使用水量に応じて額が変動する「従量料金」は、水をお届けする量によって変動する経費をまかなうもので、動力費や薬品費、埼玉県からの用水購入にかかる受水費などが含まれています。

Q5. 水をたくさん使うほど料金が高くなるのはどうして?

A. 使用水量が多くなるほど、単価が高くなる料金を「逓増(ていぞう)料金制」といいます。全国の多くの事業体で採用されており、限りある資源でもある水の浪費を抑制し、合理的な水使用の促進を図ることを目的としたものです。

→水道料金表についてはこちら
水道料金表(PDF形式:31KB)

Q6. 水道メーターの口径が大きくなると料金が高くなるのはどうして?

A. メーターの口径が大きい使用者は、一度に多量の水を使うことができることから施設の整備等にかかる経費をより多く負担していただく料金設定となっています。使用者の皆さまが必要とする水の量を安定してお届けするためには、最も水が多く使われるときでも送る水の量に不足が生じないよう施設の給水能力を確保する必要があり、そのためには多くの経費がかかるためです。

Q7. 事業の運営で生じた純利益の分、水道料金を値下げできないの?

A. 水道事業では、水道水をお届けするためにかかる経費と、水道管や施設の更新などのためにかかる経費が必要となります。純利益はこのうち、水道料金などの収益から、水道水をお届けするためにかかった経費を差し引いた額となっており、この分は水道管や施設の更新などのための財源として必要不可欠なものとなります。そのため、純利益分でただちに水道料金を見直すことは難しいです。

→純利益のつかいみちについて

Q8. さいたま市の水道料金は全国平均とくらべるとどのようになっているの?

A.家事用(口径13mm)の10立方メートル使用した場合の全国平均料金は1,556円(税込)、 20立方メートル使用した場合の全国平均料金は3,244円(税込)となっています。(平成30年4月1日時点)
さいたま市は、口径13mmで10立方メートル使用した場合は1,339円(税込)、 20立方メートル使用した場合は3,229円(税込)となります。 

Q9. 「口径別料金」とは?

A.水道メーターの口径が大きいほど一度に使える水の量が多くなることから、口径ごとに水道料金を設定しています。
この料金体系は1,328ある水道事業体のうち、735の事業体で採用されている一般的な体系となっています。(平成30年4月1日時点)

→水道メーターの口径について
水道メーター

Q10.なぜ8立方メートルまでは料金が変わらないの?

A.水道には公衆衛生を確保する役割もありますので、日常の生活に欠かせない水の使用は水道使用者の健康を保ち、病気を予防する効果があります。このように日常生活で使用する水道の料金負担が軽減されるよう、さいたま市の家庭用向けの口径については1か月8立方メートルまで1立方メートル当たりの従量料金はかからないよう「基本水量」を設定しています。
なお、口径別料金を採用している事業体のうち、約57%の事業体が基本水量を設定しています。(平成30年4月1日時点)
生活用水

Q11.水道料金はなぜ2か月に1回の請求なの?

A.水道料金を計算したり、漏水等をチェックするためのメーター検針や料金の請求には、1回ごとに人件費や郵送費などの経費がかかります。検針回数を2か月に1回にすることにより経費を削減して負担を減らすことで、水道料金を抑えることができるためです。
検針



















関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

水道局/業務部/水道財務課 
電話番号:048-714-3074 ファックス:048-832-3336

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る