ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年6月14日 / ページ番号:C064216

令和元年度の計画的漏水調査の実施について

このページを印刷する

漏水調査の概要

水道局では、貴重な水資源の有効利用と道路陥没等の二次被害の防止を目的として、計画的に水道管の漏水調査を実施しています。
皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

調査期間

令和元年6月中旬から令和2年3月下旬まで

調査場所

さいたま市内(過去の漏水実績より調査地域を選定)

委託業者[担当区域]

kuiki

以下の委託業者が各区域の漏水調査を担当しています。

1.株式会社日本漏防コンサルタント 埼玉営業所 [大宮区・北区・岩槻区]
2.地中エンジニアリング株式会社 [西区・中央区・桜区]
3.東日本漏水調査株式会社 北関東営業所 [見沼区・浦和区]
4.株式会社リクチ漏水調査 埼玉営業所 [南区・緑区]


調査員は、さいたま市水道事業管理者発行の「受託者証明書」を携帯しています。不審に感じた場合は、調査員に「受託者証明書」の提示をお求めいただくともに、このページの一番下のお問い合わせ先でご確認ください。


受託者証明書の見本

syoumei_mihon_1
受託者証明書(表面)
syoumei_mihon_2
受託者証明書(裏面)

調査範囲

調査範囲は、下図のとおりとなります。調査の際、水道メーターや止水栓で漏水の有無を確認するため、調査員がお客さまの許可を得て敷地内に立ち入ることはありますが、家屋内への立ち入りや料金を請求することは一切ありません。

hanni

調査方法

調査は、以下の二種類の方法で行っています。

路面音聴調査
・・・道路の路面探知や弁栓等の音聴調査によって、漏水の有無を確認します。
戸別音聴調査・・・宅地の水道メーターや止水栓の音聴調査によって、漏水の有無を確認します。

各調査によって漏水を発見した場合は、道路から宅地の水道メーターまでの水道管(配水管および一次側の給水管)の確認調査を行い、漏水箇所を特定します。確認調査の結果、給水管の漏水であった場合は、お客さまに対して調査結果等の説明を行います。

調査の様子

写真のように、漏水探知器や音聴棒等の専用機器を用いて調査を行っています。
各調査は、主に平日の日中に行っていますが、交通量の多い道路等の路面音聴調査については、平日の夜間に行っています。

romen
路面音聴調査
kobetu
戸別音聴調査
     pichi

この記事についてのお問い合わせ

水道局/給水部/維持管理課 漏水調査係
電話番号:048-788-2496 ファックス:048-669-2260

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る