ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年1月21日 / ページ番号:C069366

生活科学習のため小学生が来庁しました

このページを印刷する

生活科学習のため小学生が来庁しました

令和元年11月20日、12月11日に生活科学習の一環として水道局の仕事を調べるため、埼玉大学附属小学校2年生の児童5名が来庁しました。

1日目は、水道局の仕事についての説明や、水道水はどのように作られて蛇口まで届くのか、また、水の大切さについて話をしました。
当たり前のように使っていた水道水が沢山の人によって作られて蛇口まで届いていること、1人が1日に使う水の量の多さに驚いていました。
2日目は、水道庁舎内を回り、各部署でどんな仕事をしているのかを説明し、職員が仕事をしている姿を見学しました。
また、災害時に出動する給水車を見て、給水車に水を入れ、被災地ではどのように給水活動を行うか体験してもらいました。
普段は見れない給水車に興味を持ち、災害時の水道局の仕事について真剣に話を聞いていました。

給水車1 給水車2 給水車3



後日、学習の成果を記した新聞、水道局を称える賞状を作成し届けてくれました。
新聞 賞状






この記事についてのお問い合わせ

水道局/業務部/水道総務課 
電話番号:048-714-3067 ファックス:048-832-5929

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る