ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年10月14日 / ページ番号:C083625

外来生物とは、もともとその地域になく、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のことを指します。
国内には外来生物が数多く存在し、そのすべてが周囲に悪影響を及ぼすわけではありませんが、地域の生態系や人間の健康、農林水産業などに大きな被害を及ぼすことがあります。人間の生活等に悪影響を及ぼすものについては、外来生物法により、特定外来生物に指定され、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入、野に放つ等が原則として禁止されています。

オオキンケイギク(特定外来生物)

オオキンケイギク1 オオキンケイギク3
※写真提供:環境省

生態

キク科の多年草で繁殖力が強く、在来種との競合が懸念されています。高さは30センチメートル~100センチメートルで、5月~7月にコスモスに似た黄色の花を咲かせます。荒地、河川敷などあらゆるところに定着しますが、種子は風で飛びやすく、道路沿いに繁茂していることが多くあります。

処理方法

種子だけでなく、地中の茎でも繁殖するため、地上部の刈り取りだけではなく抜き取りが必要になります。
根から抜き取ったものを2~3日天日にさらすなどして枯らしてから、もえるゴミとして処分をお願いします。

アレチウリ(特定外来生物)

アレチウリ1 アレチウリ2
※写真提供:環境省

生態

ウリ科の一年生草本で他の植物に巻き付いて伸びるつる性の植物です。生育速度が非常に早く、長さが10メートル以上となる場合もあり、この長いツルで他の植物に覆いかぶさることで、その植物を枯らしてしまいます。主に荒地、河川敷、路傍、原野、畑地、樹園地、造林地などに生育し、1株当たり400~500個の種子をつけます。

処理方法

できるだけ小さく、実をつける前に根から抜き取りを行うのが効果的です。
根から抜き取ったものを2~3日天日にさらすなどして枯らしてから、もえるゴミとして処分をお願いします。

アメリカオニアザミ

アメリカオニアザミ1 アメリカオニアザミ2

生態

キク科の多年草植物で、葉や茎等に硬く鋭いトゲを持つため、安易に触ると危険です。7月~10月に開花し、淡い紅紫色の花を咲かせます。
特定外来生物ではありませんが、繁殖力が非常に強く、その土地に元々あった植物の生育場所を占領してしまう可能性があることから、生態系被害防止外来種に指定されています。

処理方法

トゲが鋭くうかつに触ると大変危険なため、皮手袋や厚手の丈夫な手袋を着用し、草刈り鎌などで刈るか、スコップで周囲の土ごと掘り返してください。
繁殖力が強く、除草を行っても株や根が残っていると再生する場合がある根ごと駆除をしてください。
根から抜き取ったものを2~3日天日にさらすなどして枯らしてから、もえるゴミとして処分をお願いします。


クビアカツヤカミキリ(特定外来生物)

クビアカツヤカミキリ クビアカツヤカミキリのフラス
クビアカツヤカミキリの成虫と、幼虫が排出するフラス
※写真提供:埼玉県環境科学国際センター

生態

クビアカツヤカミキリは、海外からの輸入木材や梱包用木材、輸送用パレットなどに幼虫が潜んだまま運ばれてきて、国内で成虫に羽化し、繁殖したものと考えられています。成虫の体長は、約2.5~4センチメートルで、全体に光沢がある黒色をしており、胸部(首部)が赤くなっています。幼虫がサクラ、ウメなどの樹木に寄生し、樹木を内部から食い荒らすことで、樹木が衰弱し、枯れてしまう可能性があります。寄生された樹木には、フラス(木くずと幼虫のフンが混ざったもの)がみられます。
今のところ、さいたま市内で発見されたという報告はありませんが、埼玉県北部、南東部のいくつかの自治体では、既に被害が報告されているため注意が必要です。

見つけたら

成虫を見つけた場合は、殺虫剤をかける、靴で踏みつぶすなどして駆除してください。
また、成虫や樹木から排出されたフラスを見つけた場合は、環境対策課まで情報提供をお願いいたします。

詳しい情報は、以下のページをご覧ください。
サクラの外来害虫“クビアカツヤカミキリ”情報(埼玉県)(新しいウィンドウで開きます)
サクラの外来害虫“クビアカツヤカミキリ”被害防止の手引き(埼玉県)(新しいウィンドウで開きます)

セアカゴケグモ(特定外来生物)

セアカゴケグモ1
※写真提供:環境省

生態

セアカゴケグモは、オーストラリア原産の体長1センチメートル程度の黒いクモです。全国の45都道府県(令和2年7月現在)で確認されており、海外から港湾施設等を経由し、貨物やコンテナ等に付着して各地へ侵入してきたと考えられています。
メスは毒を持っていて、咬まれると脱力感、筋肉痛、頭痛などの全身症状が現れることがあるので注意が必要です。
埼玉県内では、平成26年7月29日の川越市以降、複数の自治体で確認されており、さいたま市内では、令和3年8月23日に西区で発見されました。

見つけたら

攻撃性はなく、基本的にはおとなしいクモです。捕まえたりしようとせずに、殺虫剤をかける、靴で踏みつぶすなどして駆除してください。
また、発見した場合は、環境対策課まで情報提供をお願いいたします。
咬まれた場合は、噛まれた部分をよく洗い流し、早急に医療機関を受診してください。

詳しい情報は、以下のページをご覧ください。
セアカゴケグモに注意してください(新しいウィンドウで開きます)
セアカゴケグモについて(埼玉県)(新しいウィンドウで開きます)
特定外来生物セアカゴケグモ(環境省)(新しいウィンドウで開きます)

アカボシゴマダラ(特定外来生物)

アカボシゴマダラ アカボシゴマダラ(春型)
さいたま市内で撮影された成虫(写真左:夏型、写真左:春型)

生態

アカボシゴマダラは、本来、ベトナムや中国、朝鮮半島に分布していますが、平成7年に埼玉県で発見され、平成10年に神奈川県で定着が確認されました。現在、関東を中心に繁殖し分布を拡大してますが、これらは人為的に放蝶されたものと考えられています。なお、もともと国内(奄美諸島)に分布している個体(亜種)は、関東に侵入・定着した亜種とは異なり、特定外来生物ではありません。
前翅長約4~5センチメートルになる大型のタテハチョウで、翅は黒地に白の斑紋があり、白黒の縞模様に見えます。夏型の成虫は後翅に赤い斑紋が見られますが、春型の成虫は赤い斑紋を持たず、全体的に白っぽい色をしています。
生息環境が似ている在来種(オオムラサキ・ゴマダラチョウ・テングチョウなど)との競合が懸念されています。

見つけたら

飼育や生きたままの運搬、野に放つといった行為が原則として禁止されていることから、不用意に捕まえないようお願いします。
誤って捕まえた場合、駆除もしくはその場で放つことは問題ありません。

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境対策課 
電話番号:048-829-1332 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る