ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年9月24日 / ページ番号:C060918

ゲンノショウコという薬(10月の自然庭園では) ~みぬま見聞館トピックス~

このページを印刷する

このページでは大宮南部浄化センター(みぬま見聞館)のトピックスを紹介をします。

ゲンノショウコという薬(10月に自然庭園で観察できる動植物について)

気温も下がり、木々が色づき始め秋らしくなってきました。活発に動き回っていた虫たちも少なくなり、草むらからはコオロギなどの虫の音が聞こえてきます。10月になると、樹木の実や種子、葉っぱの色の変化を観察する機会が増えてきます。今月は、今の時期に野原のあちこちで見られる「ゲンノショウコ」を紹介します。

ゲンノショウコは、フウロソウ科の草丈30cmから50cm多年草で、日当たりのよい山野、草原に広く分布します。花は夏から秋にかけて、紫紅色または白色に淡紫の筋のはいった5弁花を二個ずつつけます。花が咲き終わった後にできる果実は、細長い形をしており、熟すと皮が下から5つに裂開して反り返り、反動で中から5個の種子を一個ずつ弾き飛ばし、繁殖します。種子を飛散させた後の果実が神輿の屋根のような形から「ミコシグサ」とも呼ばれます。
名前の由来については、昔からよく聞く胃腸薬として知られており、煎じて飲めば、下痢がすぐ治まるというので「現に良く効く証拠」という意味でゲンノショウコと呼ばれるようになったといわれ、ドクダミ、センブリとともに古くから三大民間薬草として知られています。
自然庭園では、玄関前の野原で白い花をつけたゲンノショウコが育成しています。ゲンノショウコの花には、白色と紫紅色がありますが、東日本では、白色が多いようです。

自然庭園では、赤い色をしたゴンズイ、ガマズミ、サンシュユなどの実、オレンジ色のヘクソカズラの実、紫色のコムラサキ、さらにドングリといわれるクヌギ、コナラ、シラカシの実などの、多くの木々が実をつけています。
秋の一日、ゲンノショウコや多くの木の実の観察に、自然庭園でお過ごしください。

リュウキュウカンヒザクラ

ゲンノショウコの花

綺麗なカタチの花です

サンシュユ

ゲンノショウコ

三大薬草の1つです

ユキヤナギ

ゴンズイの実

熟し始めたようでタネの見えるものもあります

ギシギシ

ガマズミの実

大きな葉も色付いてきました

ヘクソカズラ

ヘクソカズラの実

フェンスにからまるすがたを見かけます

コムラサキ

コムラサキの実

小さな実の1つ1つの紫色がキレイです

クヌギ

クヌギのドングリ

まだ成長中の青い実です

クヌギのドングリ

クヌギのドングリ

まん丸の大きな実とカサが特徴的です

コナラ

コナラの実

これから実がなるところです

コナラのドングリ

コナラのドングリ

細長いカタチをしています

シラカシ

シラカシの実

小さな実がたくさんなります

シラカシのドングリ

シラカシのドングリ

小さめの丸みを帯びたドングリです

お知らせ

「みぬま見聞館をご利用いただく方へ」ご協力のお願いです
ご利用にあたっては、関連ダウンロードファイルもしくは下記リンク「みぬま見聞館をご利用いただく方へ、ご協力のお願い」を必ずご覧ください。
みぬま見聞館をご利用いただく方へ、ご協力のお願い」(PDF形式39キロバイト)
屋内施設2階のご利用時は「みぬま見聞館入館者カード」のご記入と検温のご協力をお願いしています。「みぬま見聞館入館者カード」は関連ダウンロードファイルもしくは下記リンクにありますので、事前に記入のうえご持参いただいても構いません。
みぬま見聞館入館者カード」(エクセル形式13キロバイト)
入館者カードの記入例はこちらをこちらをご参照ください。「みぬま見聞館入館者カード記入例」(PDF形式45キロバイト)
「みぬま見聞館の新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の取組み」については、関連ダウンロードファイルもしくは下記リンクをご覧ください。
みぬま見聞館の新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の取組み」(PDF形式31キロバイト)

みぬま見聞館だより」の発行
令和2年9月1日に「みぬま見聞館だより第57号」を発行しました。
キイロサナエ、ヤゴの救出大作戦2020、カラスウリの種まき、夏の自然観察・環境学習会実施の様子、幼稚園・保育園での出前講座開催の様子、幼児政策課共催の保育者研修の様子、みぬま見聞館主催事業の開催案内の記事を掲載しています。みぬま見聞館のほか、市内の図書館、公民館及び各区役所に配架してあります。表題のリンク、ホームページにも掲載していますので、ぜひご覧ください。

みぬま見聞館は、入館料無料で、毎月第4土曜日(令和2年9月は26日)と年末年始以外は午前9時から午後5時まで開館しています。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/施設部/大宮南部浄化センター 
電話番号:048-646-6030 ファックス:048-646-6033

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る