ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年4月2日 / ページ番号:C068742

環境副大臣・佐藤ゆかり衆議院議員がスマートホーム・コミュニティを視察されました

このページを印刷する

 令和元年11月26日(火)、環境副大臣の佐藤ゆかり衆議院議員がスマートホーム・コミュニティ第2期を視察されました。

 スマートホーム・コミュニティ街区の第2期では、環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の採択を受けているデジタルグリッド株式会社によって、 デジタルグリッド技術を用いた電力融通決済システムの開発と実証が行われています。
 はじめに、まちづくり拠点施設であるアーバンデザインセンターみその[UDCMi]にて概略説明の後、実際にスマートホーム・コミュニティ第2期や電力の融通先となるイオンモール浦和美園の屋上に設置されているデジタルグリッドルーター(DGR)を見学いただき、デジタルグリッド技術による電力融通と決済を同時に行う仕組みや自家消費される再生可能エネルギーのCO2削減価値の取引などに興味をもって聞いていただきました。

 スマートホーム・コミュニティでは、コモンスペースを活用した電線類の地中化・住民同士のコミュニティ形成を行うとともに、先進技術を活用した再生可能エネルギーの地産地消による低炭素化と災害時のエネルギーセキュリティの確保に取組んでまいります。

スマートホーム・コミュニティ イオンモール浦和美園
スマートホーム・コミュニティ第2期             イオンモール浦和美園

事業説明 佐藤ゆかり環境副大臣
アーバンデザインセンターみその[UDCMi]           実証事業の概要説明をうける様子

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/未来都市推進部 環境未来都市推進担当
電話番号:048-829-1457 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る