ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000483

次世代自動車・スマートエネルギー特区

平成23年の東日本大震災では、計画停電やガソリン等が不足し、安定的な市民生活の維持や、市内企業の事業継続が困難となりました。そのため、平成21年から進めて来た「E-KIZUNA Project」による脱炭素化に向けた取組に加えて、都市の強靭化・レジリエンス性の確保を進めるために国から「次世代自動車・スマートエネルギー特区」として地域活性化総合特別区域の指定を受けました。(平成24年度~令和元年度)

平成23年12月22日付で脱炭素化に加えて、都市の強靭化・レジリエンス性の確保を進めるために国から「次世代自動車・スマートエネルギー特区」として地域活性化総合特別区域の指定を受け「スマートホーム・コミュニティの普及」「ハイパーエネルギーステーションの普及」「低炭素型パーソナルモビリティの普及」を3つの重点プロジェクトとして取組を進めてまいりました。(平成24年度~令和元年度)

特区の指定は解除されましたが、特区事業の取組を通じて、多くの大学や企業との繋がりが構築されたことや、様々な知見を得ることができたことで、本市のレジリエンス性の向上に加え、「スマートシティさいたまモデル」構築への道筋ができたものと考えております。

脱炭素で人にやさしい移動を実現するため、天候や人数、用途といった、その時々の状況に応じて最適なモビリティを選択出来るマルチモビリティ・シェアリングサービスを目指す事業です。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る