ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年10月23日 / ページ番号:C061164

大宮南部浄化センター・みぬま見聞館イベント「夏の自然観察・環境学習会(8月)」風景

このページを印刷する

このページでは大宮南部浄化センター・みぬま見聞館におけるイベントの紹介をします。

夏の自然観察・環境学習会(8月23日日曜日開催)

令和2年8月23日日曜日に「夏の自然観察・環境学習会」を開催しました。
新型コロナウイルス感染症の影響で、夏休み期間後の日曜日に開催、感染拡大防止対策のため募集組数を例年の半分としましたが、当日は7組19名の方々がご参加くださいました。
今回は首都高速道路(株)と共催し、首都高速道路埼玉・新都心線下にある普段は入れない「首都高ビオトープ」とみぬま見聞館の「自然庭園」を埼玉県生態系保護協会の研究員の方の案内で観察・撮影を行うなど、自然や環境の大切さを学びました。
そのほか、自然庭園で「生きもの調査」と動植物を観察・撮影し、撮影した生きものの写真の発表会では、撮影した生きものの解説も埼玉県生態系保護協会の研究員の方がして下さいました。

夏の自然観察・環境学習会の様子

環境学習 顕微鏡で観察中

首都高速道路(株)ご担当者の挨拶

首都高ビオトープの紹介です

写真撮影の練習中

埼玉県生態系保護協会研究員のお話し

首都高ビオトープの管理をされています

ヤゴ採取中

みんなの生きもの調査の説明

どんな生きものがいたか、後で教えてね!

写真発表会

普段は入れない首都高ビオトープ、開場!

何が見られるか楽しみです

動物の名前のついた植物2

首都高ビオトープの紹介

埼玉県の蝶「ミドリシジミ」のお話し 

ヤゴを放流中

今年この首都高ビオトープで放した

ミドリシジミが産んだ卵を見せてもらいました!

何かいるかな

この先に広がる池にで何か見つかったようです

皆さん興味津々でした→

自然観察 写真撮影中

トンボの幼虫「ヤゴ」がいました

ここにもたくさんの生きものが生息しています

9

今日は特別に捕虫網を使います(普段は禁止)

何か見つけて捕えられたかな?

10

自然庭園でも生きものの観察・撮影をしました

なにか見つけた様子です

11

本日こどもたちが撮影した生きもの写真の発表会

撮影は難しかったかな?!

12

みんなが撮った生きもの写真

講師の方が生きものの解説をしてくれました

このようにみぬま見聞館では、自然庭園内の動植物を観察、撮影したり、環境について毎回様々な話題を取り上げ学習する、「自然観察・環境学習会」を定期的に開催しております。
次回は、令和2年11月15日日曜日に「秋の自然観察・環境学習会」を開催します。詳しくは、後日ホームページや市報でお知らせします。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/施設部/大宮南部浄化センター 
電話番号:048-646-6030 ファックス:048-646-6033

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る