ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年4月19日 / ページ番号:C080288

さいたま市気候変動適応センター

このページを印刷する

平成30年12月に施行された気候変動適応法に基づき、令和3年4月1日、さいたま市気候変動適応センターを設置しました。

気候変動適応とは

地球温暖化を含む気候の変化を気候変動と呼びます。地球温暖化の対策には大きく二つの方法があります。一つは、温暖化の原因である温室効果ガスの排出量を下げる対策で「緩和策」と呼んでいます。もう一つは、温暖化を含む気候変動による悪影響をできるだけ避けるための対策で、「適応策」と呼んでいます。

さいたま市気候変動適応センターの役割

1 気候変動影響及び気候変動適応に関する情報の収集、整理及び分析並びに当該情報の県適応センターとの共有
2 収集、整理及び分析した情報のウェブサイト等による発信
3 さいたま市の区域内における気候変動適応に関する施策の推進

さいたま市気候変動適応センターの位置づけ

平成30年12月に気候変動適応法が施行され、都道府県及び市町村に対して、地域気候変動適応センターとしての機能を担う体制を確保することが努力義務とされました。適応策を推進する上では、広域的な連携が必要となるため、さいたま市は埼玉県と共同で適応センターを設置しております。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境創造政策課 
電話番号:048-829-1323 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る