ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年3月22日 / ページ番号:C079787

令和2年度 桜木駐車場用地活用事業の検討状況をお知らせします

このページを印刷する

 本市では、市営桜木駐車場として暫定的に活用している市有地について、民間活力を活用した有効活用を図る予定としています。令和2年度までの検討状況についてお知らせいたします。

これまでの事業経緯

 市は過去に桜木駐車場用地において、民設民営でホテルと催事用多目的施設で構成するMICE対応施設を誘致することとしましたが、調査の結果、多額の財政支援と周辺道路の自動車交通量増加への対策が必要と分かり、平成29年に方針を見直しました。現在は、MICE機能に限定することなく東日本の対流拠点形成に資する適切な活用方法を、周辺地区のまちづくりと一体的に検討しております。

        これまでの経緯

桜木駐車場用地の活用にて目指すもの

 桜木駐車場用地の新たな活用により、ヒト・モノ・情報の対流をより一層促し、新たなビジネス機会やイノベーションの創出に貢献するとともに、大宮ひいてはさいたま市のプレゼンスやブランド力の向上を図ることを目指しています。

        目指すもの

※対流拠点とは
 多様な資源(ヒト・モノ・情報等)が集まり、相互に交流することで、“新しい価値”を創造・発信する機会が多く得られ、そのような機会を求めて多様な資源がさらに集まる。そのような循環が持続可能に保たれているエリア

                 対流拠点

大宮における「対流拠点」の形成のイメージ

活用方法と公募時に提案が見込まれる機能

 市が公募の際に用地の貸付又は売却等の事業条件を示し、民間事業者に対流拠点形成に資する機能と地域貢献機能の提案を募り決定する予定としています。施設は民間事業者が建設し維持管理します。過去の調査や個別ヒアリングにより提案が見込まれる機能の例を下記に示します。

ビジネス系+集客系(民間)

・業務機能と広域的な集客が可能な民間施設の組合せ。
・駅との近接性を活かして、集客を図る。

ビジネス系+地域利便系

・業務機能とコミュニティ形成に資する民間施設の組合せ。
・コミュニティ機能形成の例として商業、医療サービス、子育て支援、コミュニティスペース等の

 地域利便施設としての機能が考えられる。

教育・学術研究系

・民間による教育・研究施設等を想定し、学術研究拠点としての土地利用。

地域貢献機能の導入

 公募時に事業者の提案による地域に貢献する機能の整備を求める予定としています。地域貢献機能は、大宮駅西口第五地区まちづくり協議会等での検討を踏まえ、地域交流のための機能や防災のための機能等を想定しており、民間事業者から提案を募ることを考えています。

今後の予定

 令和2年度は、第五地区まちづくり方針の検討と連携しながら、公募に向けた事業条件を整理する公募要項等の作成を進めています。令和3年度以降に公募要項等をまとめ、事業者の公募を行う予定としています。

今後の予定    

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市局/都心整備部/東日本交流拠点整備課 拠点化推進係
電話番号:048-646-3280 ファックス:048-646-3292

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る