ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年12月8日 / ページ番号:C062696

9月30日実施「シャトルバス優先走行化」第1回交通社会実験の結果(速報)について

このページを印刷する

 市が参画する「みその都市デザイン協議会」では、埼玉スタジアム2○○2でのサッカー試合開催日における浦和美園駅周辺のアクセス環境改善に向け、2018年3月に『美園スタジアムタウン:スタジアムアクセス戦略』を策定し、各種プロジェクトに着手しています。
 そのプロジェクトの一環として、公共交通機関を中心とした交通手段への転換促進を見据え、シャトルバスの所要時間改善を目的とした「シャトルバス優先走行化」第1回交通社会実験を2018年9月30日に実施いたしました。
 当日は台風24号の影響により雨天下での実験実施となりましたが、周辺住民・立地企業の皆様、試合観戦者の皆様、関係機関の皆様のご理解・ご協力により、事故や混乱無く実施でき、また、今後の展開に向けた貴重なデータも収集・把握することができました。
 引き続き市も協議会の一員として、2020年東京五輪を短期目標に、地区内交通負荷分散に向けた取組を推進し、生活交通と観戦者交通が共存・協調したアクセス環境づくりに取り組んでまいります。

 結果詳細につきましては、「UDCMiウェブサイト」をご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

都市局/まちづくり推進部/浦和東部まちづくり事務所 
電話番号:048-878-5143 ファックス:048-878-5141

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る