ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年6月2日 / ページ番号:C070329

都市計画道路 大宮岩槻線(1工区)

このページを印刷する

事業概要

都市計画道路大宮岩槻線は、一般国道17号新大宮バイパスからさいたま市の都心部である大宮駅周辺地区を経由し、一般国道16号へ至る市内を東西に結ぶ広域幹線道路であり、さいたま市内の交通のみならず、さいたま市外の地域間を結ぶ広域道路ネットワークの一翼を担っております。また、災害対策基本法に基づき埼玉県が策定した「埼玉県地域防災計画」において、第二次緊急輸送道路に指定されている防災上重要な路線です。
事業区間は、首都圏渋滞ボトルネック対策協議会において「主要渋滞箇所」として特定されていることからも迅速な対応が求められており、本事業により、慢性的な交通渋滞の緩和や防災機能の向上を図ります。

事業概要

事業名

都市計画道路 大宮岩槻線(1工区)街路整備事業

認定路線名

主要地方道さいたま春日部線
都市計画道路名 3・3・100号 大宮岩槻線
事業区間 大宮区堀の内町3丁目地内
事業年度 平成8年度から令和7年度まで
事業規模 延長 470m
計画幅員 15~27m
都市計画決定 【当初】平成元年12月22日 【最新】平成16年10月26日
都市計画事業認可 【当初】平成8年8月22日から平成15年3月31日まで
【変更】平成8年8月22日から令和8年3月31日まで
事業進捗率 86%(令和4年3月末時点)
用地取得率 99%(令和4年3月末時点)
今までの経緯

平成4年度 地元説明会・現況測量を実施
平成5年度 地元説明会・用地測量を実施
平成7年度 用地取得着手
平成8年度 事業認可取得
平成10年度 工事着手
平成15年度 政令市移行に伴い埼玉県より事業を引継ぐ

令和 3年度 引き続き用地取得、工事を実施

整備効果

都市計画道路 大宮岩槻線(1工区)の街路整備事業により、下記の整備効果が期待できます。

  1. 交通の円滑化:さいたま市内外の広域的なネットワークを形成し、慢性的な交通渋滞の緩和を図ります。
  2. 防災機能の向上:無電柱化および4車線道路の整備により、災害時における物流等の輸送路となる緊急輸送道路としての機能強化及び大宮第三公園などの広域避難場所へのアクセス強化を図ります。
  3. 安心安全な歩行空間等の確保:広幅員の自転車歩行者道等が整備することにより、安心安全な歩行空間及び自転車通行空間が確保されます。

位置図

位置図

整備後の道路幅員

道路幅員1

道路幅員2

整備前の状況

整備前航空写真2(H14.1)
整備前の事業区間西側付近の状況(平成14年1月時点)
整備前航空写真1(H14.1)
整備前の事業区間東側付近の状況(平成14年1月時点)

現在の状況

現在の状況
事業区間の状況(令和4年3月時点)

お問い合わせ先

  1. 計画について
    道路計画課の紹介
  2. 工事について
    道路建設課の紹介
  3. 用地補償について
    北部建設事務所用地課の紹介

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/土木部/道路計画課 
電話番号:048-829-1496 ファックス:048-829-1988

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る