ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年6月2日 / ページ番号:C071293

主要地方道さいたま鴻巣線バイパス

このページを印刷する

事業概要

主要地方道さいたま鴻巣線バイパスは、一般国道17号新大宮バイパスに接続する都市計画道路道場三室線の一部区間です。都市計画道路道場三室線は、都市計画道路大谷場高木線(桜区道場)から一般国道17号新大宮バイパスや一般国道17号、第二産業道路を経由し、都市計画道路大間木丸ヶ崎線(緑区芝原)に至る市内を東西に結ぶ広域幹線道路であり、さいたま市内の交通のみならず、さいたま市外の地域間を結ぶ広域道路ネットワークの一翼を担っております。
本路線に並行する一般国道463号や主要地方道さいたま鴻巣線は、首都圏渋滞ボトルネック対策協議会において「主要渋滞箇所」として特定されていることからも迅速な対応が求められております。
本事業により、4車線の道路ネットワークを形成し、一般国道463号や主要地方道さいたま鴻巣線の慢性的な交通混雑や渋滞の緩和を図ります。

事業概要
事業名 主要地方道さいたま鴻巣線バイパス道路新設改良事業
認定路線名 主要地方道さいたま鴻巣線
都市計画道路名 3・2・8号 道場三室線
事業区間 桜区中島3丁目地内から桜区中島1丁目まで
事業年度 平成16年度から令和6年度まで(予定)
事業規模 延長 430m
計画幅員 30m
都市計画決定 【当初】昭和38年8月12日 【最新】平成16年10月26日
事業進捗率 92% (令和4年3月末時点)
用地取得率 100%(令和4年3月末時点)
今までの経緯

平成16年度 事業説明会の開催、用地測量の実施

平成17年度 用地取得着手
平成22年度 工事着手

平成23年度 用地取得完了

令和3年度 引き続き工事を実施

整備効果

主要地方道さいたま鴻巣線バイパス道路新設改良事業により、下記の整備効果が期待できます。

  1. 交通の円滑化:さいたま市内外の広域的なネットワークを形成し、慢性的な交通渋滞の緩和を図ります。
  2. 防災機能の向上:無電柱化および4車線道路の整備により、災害時における物流等の輸送能力の向上が期待できます。 
  3. 安心安全な歩行空間等の確保:広幅員の自転車歩行者道が整備することにより、安心安全な歩行空間及び自転車通行空間が確保されます。 

位置図

位置図

整備後の道路幅員

横断図

整備前の状況

整備前写真1
整備前の事業区間東側の状況(平成26年度時点)
整備前写真2
整備前の事業区間東側の状況(平成26年度時点)

現在の状況

現在の状況
事業区間東側の整備状況(令和4年3月時点)
現在の状況
事業区間西側の整備状況(令和4年3月時点)

お問い合わせ先

  1. 計画について
    道路計画課の紹介
  2. 工事について
    道路建設課の紹介

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/土木部/道路計画課 
電話番号:048-829-1496 ファックス:048-829-1988

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る