ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年7月3日 / ページ番号:C071581

新型コロナウイルス流行時の消防訓練について(お知らせ)

このページを印刷する

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、消防訓練における消防局の対応は、当面、以下のとおりとなります。
急きょ変更となる場合もございますので、その際は随時HPでお知らせいたします。

実施時期の判断

消防訓練については、消防法第8条1項に基づき、防火管理者の責務として消防計画に定めた回数を実施することとなっております。
昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、消防訓練の実施時期につきましては、各事業所様の判断でお願いします。

実施時期を変更する場合の対応

1.予定していた消防訓練を延期したことにより、年間の定めた回数を達成できない場合
 規模を縮小するなどし、感染拡大に十分留意した上で期間内に実施するように努めてください。
例)例年、消防機関の派遣を要請し、消火訓練や避難訓練を全従業員が実施している。
  ⇒防火管理者が消火器の取扱い説明や避難経路の確認などを社内の各部署代表者のみに実施する。等

2.消防計画に定めた訓練時期があるが、延期しても問題がない場合
 新型コロナウイルス感染症の流行が終息後、速やかに実施できるよう計画しておいてください。

3.すでに消防機関に消防訓練実施書を提出した後で延期を判断した場合
 消防機関の派遣の有無に関わらず書類を提出した消防署又は出張所へ連絡してください。

 消防訓練実施時の留意事項

 各事業所様におかれましては、次の事項に注意し、感染防止を図った上で消防訓練を実施してください。
1.訓練参加者は、マスクを着用し実施する。
2.参加者同士が過度に密集することがないような訓練場所、訓練方法としてください。
3.風邪症状等のある方の参加はお控えください。
4.高齢者は、流行の状況により参加をお控えください。
5.訓練実施前と後で、手洗い・うがいの励行をお願いします。
6.その他事業所の実態に応じた感染防止対策をお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

消防局/予防部/予防課 
電話番号:048-833-7509 ファックス:048-833-7529

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る