ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年5月26日 / ページ番号:C031173

応急手当普及員再講習のご案内

このページを印刷する

※重要 新型コロナウイルス感染症流行に伴う応急手当普及員再講習について

 応急手当普及員再講習は講習日程のとおり実施する予定ですが、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため、延期または中止となる場合があります。皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いします。

※重要2 各種講習の中止に伴う認定証の有効期限について

■ 令和2年4月1日から令和3年3月31日までに期限がくる下記認定証をお持ちの方は、有効期限を令和4年3月31日まで延長いたします。
  ※今後、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況等により、変更となる場合があります。

 1 普通救命技能認定証(普通救命講習2終了証)
 2 応急手当指導員認定証
 3 応急手当普及員認定証 

応急手当普及員再講習の受講者を募集します

 この講習は、応急手当普及員の方が講習を開催する際に必要となる指導要領や講習方法などを再確認し、指導技術の維持向上を図るものです。応急手当普及員資格の有効期限は3年(年度内)です。資格の継続を希望する場合は、取得3年後の年度末までにこの再講習の受講が必要となります。

1 講習日程
 第1回 令和2年 9月26日(土曜日) 9時30分から12時30分まで
 第2回 令和2年11月 8日(日曜日) 13時30分から16時30分まで
 第3回 令和3年 1月29日(金曜日) 13時30分から16時30分まで
 第4回 令和3年 3月 6日(土曜日) 13時30分から16時30分まで

2 場所
 
名称 さいたま市防災センター 3階 応急手当講習室
   ※第1回のみ 4階 多目的ホール
 住所 さいたま市大宮区天沼町1-893

3 受講対象者
(1)平成29年度以降にさいたま市認定の応急手当普及員資格を取得した方
(2)平成29年度以降にさいたま市応急手当普及員再講習を受講した方

4 定員
 
各回35名

5 申込み方法
 お電話で消防局警防部救急課普及係までお申込みください
 ※聴覚に障害のある方、その他電話でのお申込みが難しい方は、FAXでも可能です
 消防局警防部救急課普及係 電話 048-833-7921
             FAX 048-833-7201

6 講習当日の持ち物
(1)応急手当普及員認定証
(2)筆記用具
(3)応急手当普及員再講習受講申請書

7 服装など
(1)動きやすい服装(スカート不可)
(2)口紅はあらかじめ落としてご参加ください(人工呼吸の練習があるため)

8 駐車場について
 防災センター東側の駐車場がご利用いただけます。満車等の場合は、近隣有料駐車場等のご利用をお願いします。

9 その他
 
応急手当普及員資格の有効期限は3年(年度内)です。資格の継続を希望する場合は、取得3年後の年度末までにこの再講習の受講が必要となります。

応急手当普及員が開催する応急手当講習の開催について

 応急手当普及員として認定を受けると、自身が所属する市内の事業所や防災組織等において、その事業所等の従業員・構成員に対し、下記の講習を開催することができます。また、さいたま市消防局長が交付する普通救命講習修了証などを応急手当普及員名で交付することができます。


応急手当普及員が開催する講習

1 普通救命講習1
 
成人に対する心肺蘇生法等を学ぶ3時間の講習。修了証の交付があります。

2 普通救命講習3
 
小児・乳児に対する心肺蘇生法等を学ぶ3時間の講習。修了証の交付があります。

3 救命入門コース 1

 成人に対する救命に必要な応急手当を学ぶ小学校4年生から小学校6年生までのお子さんと、その保護者の方を対象とした90分の講習。参加証の交付があります。
 ※救命入門コース2・3の開催については原則として教職員の開催となります。

4 フリープラン講習
 
受講者が希望する内容の応急手当を学ぶ、3時間未満の講習。修了証の交付はありません。

5 実技救命講習(普通1)
 
成人に対する心肺蘇生法を学ぶ、救命入門コースまたは応急手当WEB講習を受講した方を対象とした2時間の講習。修了証の交付があります。

6 実技救命講習(普通3)
 
小児、乳児に対する心肺蘇生法を学ぶ、救命入門コースまたは応急手当WEB講習を受講した方を対象とした2時間の講習。修了証の交付があります。

講習の開催方法について


1 講習の基本的な実施要領
(1)講習開催場所は、さいたま市内にかぎります。
(2)原則として、訓練用人形1体に対して受講者5名程度、普及員1名に対して受講者10名程度としてください。
  (受講者数が多い場合などは救急課普及係へご相談ください)
2 分割講習の実施要領
 1つの講習を分割して実施することができます
(1)分割する時間単位は、最短1時間単位としてください。(ただし、救命入門コース1は最短45分単位とする)
(2)最初の分割講習から最後の分割講習までは、1ヶ月以内で実施してください。
(3)応急手当講習受講申請書の備考欄に分割講習である旨を記載してください。
(4)修了証の発行がある講習の開催申請書には必ず講習計画(レッスンプラン(様式は任意))を添付して申請してください。
  ※フリープラン講習は除く 
(5)過去に実施した講習を、分割講習の一部として申請することはできません。

3 提出書類について

 応急手当講習を開催する際は、資器材を借用する消防署(または消防局) に、次の書類を提出してください。
(1)講習開催前
 ・応急手当講習開催申請書
 ・講習計画(フリープラン講習は不要です)
 ※平成29年10月1日より申請書と一緒に名簿を提出する必要がなくなりました 。
(2)講習開催後
 ・応急手当講習結果報告書
 ・応急手当講習受講者名簿(フリープラン講習は不要です)

4 資器材の貸し出しについて

 応急手当講習の開催にあたり、必要な応急手当普及啓発用資器材を貸出します。借用方法については、以下をご覧ください。
 
資器材借用フローチャート

応急手当普及員対象のブラッシュアップ・フォローアップ研修制度

 ブラッシュアップ・フォローアップ研修制度とは、さいたま市消防局が認定した応急手当普及員の方に対して、自信を持って講習を開催していただくための研修制度です。消防局が主催する定期応急手当講習へ目的にあったスタイルで参加していただき、応急手当普及員としての知識の更新や指導技術の向上をサポートさせていただきます。

1 個人の目的に合った内容で参加できます
(1)受講者として参加したい
   
応急手当普及員の方でも気兼ねなく、受講者として参加できます。
   ご自身の応急手当に関する知識・技術を再確認してください。
   また、受講者の視点で講習のポイントや指導技法を習得して下さい。
(2)見学したい
   講習開催のノウハウや進め方、指導方法等を見学できます。
   応急手当に関しての疑問など、職員に質問も可能です。
(3)指導者として参加したい
   職員と共に指導者として参加します。
   講習開催が少ない等、不安な方にお勧めです。

2 対象
 
さいたま市消防局認定の応急手当指導員及び普及員

3 参加できる講習
 
さいたま市消防局が主催する定期応急手当講習(普通救命講習1・3、上級救命講習、実技救命講習)にかぎります。
 講習日程はこちらを参照して下さい

4 お申込み方法
 
講習日程、普及員番号をご確認のうえ、お電話でお申込み下さい。申し込み締切りは参加を希望する講習開催日の1週間前までで、先着順での受付となります。
 ※聴覚に障害がある方、その他電話でのお申込みが難しい方は、FAXでも可能です。

5 講習当日の持ち物
(1)応急手当普及員認定証
(2)筆記用具
(3)昼食(上級救命講習のみ)

6 服装など
(1)動きやすい服装(スカート不可)
(2)屋内用運動靴(サンダル・スリッパは不可)
  ※防災センターで開催する講習は屋内用運動靴の必要はありません
(3)口紅はあらかじめ落としてご参加ください(人工呼吸の練習があるため)

7 その他
(1)会場までは公共交通機関等を利用してください。交通費は支給されません。
(2)応急手当普及員としてふさわしくない態度、言動等は控えてください。職員の指示に従わない場合は、参加を見合わせていただく場合があります。
(3)制度の案内はこちら

申し込み・お問い合わせ先
 さいたま市消防局警防部救急課 普及係
 電話番号 048-833-7921
 FAX 048-833-7201

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

消防局/警防部/救急課 普及係
電話番号:048-833-7921 ファックス:048-833-7201

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る