ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年8月10日 / ページ番号:C049444

佐川急便株式会社と「災害時等における支援物資輸送拠点としての協力に関する協定」を締結しました

このページを印刷する

 平成28年7月26日(火曜日)、災害時における支援物資の円滑な受援体制を強化するため、佐川急便株式会社と「災害時等における支援物資輸送拠点としての協力に関する協定」を締結しました。 

1.背景 

 平成28年熊本地震において、全国から届く現地の支援物資集積場(陸上競技場など)では、物資の受け入れ、配送に適した専用施設とは異なることや、物資の仕分けなどをノウハウがない自治体職員等が行っていたため、支援物資の荷下ろしに長時間待ちの状況が発生し、避難所等への配送が滞ったことから、その対策が求められています。

 また、平成28年3月29日に国土交通大臣が決定した「首都圏広域地方計画」の中で、本市は防災連携拠点とされており、首都圏被災時におけるバックアップ拠点として、広域的な支援を行うことが期待されています。

 そこで、本市では、支援物資供給のボトルネックとなる集積場について、物流のノウハウがあり、支援物資の受入れ、仕分けから、一時保管や避難所等への配送までの一連の活動を行いうる民間物流事業者の大型配送センターを、支援物資の輸送拠点とすることが不可欠と考えました。

 佐川急便株式会社北関東支店に協力を打診したところ、「日ごろお世話になっている地域の皆さまへの感謝の気持ちから協力させていただき、地域社会の発展に貢献していきたい。」と、快くお引き受けいただきました。

2.協定締結先

 佐川急便株式会社 北関東支店

3.協定内容

 佐川急便株式会社北関東支店の大型配送センター施設(さいたま営業所等)を、本市が被災した場合のほか、首都圏が被災した際における広域支援を行う場合の物資配送中継拠点として、支援物資の集積、仕分け、避難所等への配送までの一連の活動を行う「さいたま市災害時支援物資輸送拠点」と位置付け、活用するものです。

協定締結式(協定書) 協定締結式(看板)

協定締結式  清水勇人市長と佐川急便株式会社北関東支店の白田康典支店長(右)

大型配送センター1

大型配送センター2

さいたま市災害時支援物資輸送拠点の大型配送センター

この記事についてのお問い合わせ

総務局/危機管理部/防災課 
電話番号:048-829-1126 ファックス:048-829-1978

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る