ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年11月5日 / ページ番号:C022217

埼玉トヨペット株式会社(一斉帰宅抑制対策取り組み事例)

このページを印刷する

当社の取組内容

備蓄品保管状況

 当社では、災害時において、交通機関の機能停止による多くの帰宅困難者等が発生し混乱を防止するため、従業員を各拠点内に留めるために必要な備蓄を備えております。また、従業員の安全を確保、確認するために下記のガイドラインを構築しております。
 当社は今後も、災害時に従業員を各拠点に留めおく方針を実行できるよう一斉帰宅抑制対策に取り組んでいきます。

取組状況

  • 安否確認システムの構築、毎月の安否訓練実施
  • 非常用持出品を全社員へ配賦、各拠点にはお客様分を設置
  • 全拠点の什器転倒防止、ガラス飛散防止の減災対策
  • 各拠点内に防災倉庫設置
    (食料・水・生活用品・生活資材・医療用品・救助資材・他)
    備蓄量は社員数×6日分(お客様、帰宅困難者、近隣住民も含む)
  • 避難訓練時に避難場所ルートの確認、備蓄品を使用した模擬体験、動作確認の実施 

会社概要

事業所名:埼玉トヨペット株式会社
所在地:さいたま市中央区上落合2-2-1(本社)
事業内容:自動車の販売、修理、再生保管、車体解体、通信機器販売、賃借、修理及び電話加入手続の代行

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

総務局/危機管理部/防災課 防災対策係
電話番号:048-829-1127 ファックス:048-829-1978

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る