ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年11月25日 / ページ番号:C032091

障害者支援施設しびらき(一斉帰宅抑制対策取り組み事例)

このページを印刷する

 

当施設の取組内容

 当施設では、大規模な災害において発生すると思われる、帰宅困難者の一斉帰宅抑制対策及び帰宅困難者援助の取り組みと致しまして、非常食・保存水(各3日分)、簡易トイレ、寝具類を備蓄しております。

 また、従業員・入所利用者の安全・安否確認システムやBCP(事業継続計画)の構築、利用者家族との緊急時連絡方法の確立、さいたま市との災害時における要援護者の受け入れ協定等、多角的な取り組みを行っており、今後も災害時に従業員を施設に留めておく方針と帰宅困難者に対する取り組みを継続できる様、一斉帰宅抑制対策に取り組んでいきます。

しびらき

取組状況

(1)非常食・保存水(職員・利用者・外部受入者 合計130名分×3日分)簡易トイレ、寝具類の備蓄
(2)AEDの配備
(3)毎年1回のBCP研修参加
(4)携帯電話等、災害伝言ダイヤルを利用した安否確認システムの利用周知徹底
 緊急時、職員及び家族の緊急連絡網を利用した迅速な情報収受体制の構築
(5)月1回の避難訓練による、避難経路の確認と備蓄品のチェック
(6)さいたま市との災害時における要援護者の受け入れ協定締結
 


 施設概要

  事業所名   (福)邑元会 障害者支援施設しびらき  

  所在地     さいたま市桜区新開3-3-17

  事業内容   第一種社会福祉事業、第二種社会福祉事業、公益事業

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

総務局/危機管理部/防災課 防災対策係
電話番号:048-829-1127 ファックス:048-829-1978

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る