ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年2月15日 / ページ番号:C063601

応用地震計測株式会社(一斉帰宅抑制対策取り組み事例)

このページを印刷する

 弊社では、玄関ホールに設置している「避来震(ひらいしん)」(弊社開発の集客施設型地震警報システム)により、すぐに地震発生や揺れ情報通知し、職員及び来客者が被災者とならないように日常から地震に対する備えに取り組んでいます。

弊社は、災害軽減対策の提案や、災害後の支援活動に役立つ物品を開発・販売・啓発に取り組んでおります。そんな私達自らが被災者となってしまっては、皆様の役立つことはできません。そのためにも支援される側にならないことを常に意識し、日常の備えや訓練を実践し続けています。

 いざ大地震により一斉帰宅抑制が必要となった場合に備え、非常食・飲料水(3日分)、防災持ち出しバック、仮設トイレ、救助工具セット、AED、避難生活用品(救急セット、衛生用品、ラジオ、乾電池)を常備しています。定期的な防災訓練の実施、災害用常備品の確認を行っており、知識だけでなく体験を通して、非常時に活かせる体制を維持し、地域の皆様と共に減災活動を継続して行ってまいります。

       応用地震計測株式会社画像

会社概要

事業所名:応用地震計測株式会社
所在地 :さいたま市南区別所7-14-37
事業内容:地震計測機器・防災啓発グッズの販売、地震防災に関するコンサルティング

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

総務局/危機管理部/防災課 
電話番号:048-829-1126 ファックス:048-829-1978

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る