ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年12月11日 / ページ番号:C010030

振り込め詐欺

このページを印刷する

振り込め詐欺とは

「オレオレ詐欺」「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「還付金詐欺」の総称です。

振り込め詐欺 4つの手口

(1)オレオレ詐欺

息子や孫などを装い、「会社の金を使い込んでしまった」「交通事故を起こした」などの理由をつけ、「今すぐにお金が必要だ」「示談金が必要だ」と言ってお金を振り込ませる手口です。

(2)架空請求詐欺

不特定多数の人に対して、未払いがあるなど架空の事実を口実とした料金を請求する、ハガキ・封書・メール等を送付して、連絡をさせ、お金を振り込ませる手口です。

(3)融資保証金詐欺

実際には融資しないにもかかわらず、融資する旨の文書を送付するなどして、融資を申し込んできた人から保証金や手数料を名目に、お金を振り込ませる手口です。

(4)還付金詐欺

市役所や税務署、社会保険事務所等の職員を名乗り、還付に必要な手続きを装ってATMを操作させ、お金を振り込ませる手口です。

振り込め詐欺防止のポイント

  1. 「すぐに振り込んで」といわれても 「その日のうちに」は、怪しんで
  2. 身に覚えのない請求は、無視しましょう 相手(請求者)に連絡しないこと
  3. 正規の貸金業者は、融資を前提に、お金を要求しません。 甘い話に要注意
  4. 公的な機関は、ATMでの還付はしません。 「還付するのでATMへ」は信用しないで

少しでも疑問や不安を感じたら、消費生活センターに相談してください !
さいたま市の消費生活相談窓口は こちらをクリック


リンク先もご覧ください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る