ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C030644

平成25年4月26日放送分 「平成25年度さいたま市消費者フォーラム」のお知らせ

このページを印刷する

FM浦和で平成25年4月26日に放送した原稿です。

「平成25年度さいたま市消費者フォーラム」のお知らせ

(注意)イベントは終了しております

質問 今日は、さいたま市消費生活総合センターから、5月の「消費者月間」とさいたま市の消費者月間事業「平成25年度さいたま市消費者フォーラム」についてご紹介をいただきます。

回答 はい、よろしくお願いいたします。
来月5月は、「消費者月間」になります。

質問 「消費者月間」とは、どのようなものですか?

回答 はい。昭和63年から毎年5月を「消費者月間」として、消費者、事業者、行政が一体となって消費者問題に関する啓発・教育などの様々な事業を、全国各地で行っています。

質問 消費者月間にあたって、今年の「テーマ」のようなものはあるのですか?

回答 はい。平成25年は、『学ぶことからはじめよう ~自立した消費者に向けて~』が消費者庁の統一テーマになっています。
平成24年12月に「消費者教育の推進に関する法律」が施行されまして、今まで以上に消費者教育の充実が求められているところです。
私たちはみな消費者です。消費者としての自立を支援するための働きかけ、それが消費者教育です。
私たちひとりひとりが、自立した消費者となり、消費者市民社会の形成に積極的に参画するために、まずは自ら学ぶことからはじめようという思いから、このテーマとなっています。

質問 そうなんですね。さいたま市ではこの「消費者月間」にあたり、「さいたま市消費者フォーラム」を開催されるということですが、どのような事業を実施されるのですか?

回答 はい。さいたま市では、この「消費者月間」にあわせて、5月31日(金曜日)、10時から15時30分まで、浦和駅東口、パルコビル9階の浦和コミュニティセンターの第15集会室で「さいたま市消費者フォーラム」を開催します。消費者団体と連携して講演会や交流会を行います。テーマは「食の情報 ウソ?ホント?」です。

質問 食の情報ですか。
毎日のようにテレビや雑誌、広告などで「これを食べれば健康になる」とか「これはダイエットに効く」とか見ますよね。どれを信じたらいいのでしょうね。

回答 はい。本当に今、ちまたにいろいろな情報があふれていますよね。そういった健康への影響についての情報と食生活についての講演を、群馬大学教授の高橋久仁子先生を講師にお招きして、10時からを行います。
「食の情報とフードファディズム」と題した講演になります。フードファディズムとは聞きなれない言葉ですが、まさにメディアの健康情報などを信じ、その通りに食生活を変えてしまうこと。その危険性をつく言葉で、そのような興味深いお話を聞くことができると思います。
また、13時30分から、交流会を行います。こちらもこのテーマにそって健康情報や体験談などについての自由な意見交換を行う予定です。

質問 健康食品やダイエットなど参加者の皆さんもいろいろな経験がありそうですので自由に話し合いをするのも面白そうですね。
また、消費者団体と連携した事業ということですが、各団体からの発表や情報もあるのですか。

回答 はい。参加する団体の「食」に関する取組みや、活動の紹介などのパネル展示も行います。ぜひごらんになって、消費者として「食」や「くらし」について考えていただければと思います。

質問 私たち消費者が、自立した充実した消費生活を送るために、「消費者月間」である来月5月、学ぶことからはじめよう、一緒に考えてみようということは大事なことですね。

回答 よろしくお願いします。消費者フォーラムの各催しの詳しいことは、これから配布される市報5月号、またホームページにも掲載しますので、ご覧ください。
お申込みやお問い合わせは、消費生活総合センターまでお電話ください。
この機会に是非、皆様の参加、ご来場をお待ちしております。

質問 ありがとうございました。

この機会に、是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?
今日は、さいたま市消費生活総合センターから、「消費者月間」と「さいたま市消費者フォーラム」についてのお知らせでした。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る