ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C031191

平成25年7月26日放送分 「ご注文頂いた健康食品をお送りします。」とのあやしい電話には注意!

このページを印刷する

FM浦和で平成25年7月26日に放送した原稿です。

「ご注文頂いた健康食品をお送りします。」とのあやしい電話には注意!

質問 今日は、さいたま市消費生活総合センターから、「ご注文頂いた健康食品をお送りします。」とのあやしい電話には注意!ということについて、お話を伺いたいと思います。

回答 はい、今年の始めから増加の傾向にあったのですが、ここのところ、より顕著に、さいたま市内で「ご注文頂いた健康食品をお送りします」との送り付け商法の電話に関する情報が多く寄せられるようになりました。

質問 それはどのような電話なのですか?

回答 「あなたから以前ご注文頂いた健康食品を代引きで配達します。」、「あなたが注文した健康食品ができあがったのでお送りします」など、商品を自宅に送るといった内容の電話です。実際には何も注文していなくても、あたかも健康食品等の注文を受け付けしているそぶりで電話をかけてきます。注文していないと断っても、受け付けをした記録があると言い、商品を送ろうとしてきます。

質問 注文してないと断っても、しつこく商品を送ろうとしてくるのですね。

回答 そうなんです。申し込んでもいないのに、強引に送ると言われ、断ると暴言を吐かれることもあります。特に、高齢の方をターゲットにして電話をかけてきているようで、なかには、注文したかどうか記憶があいまいになってしまうケースもあります。断ってもしつこく言ってきますので「注文していません」ときっぱりと断ることが必要です。ただ、断ったことが伝わっていなかったりして、商品が送られてくることもあるかと思います。実際に商品が送り付けられてしまったら、配達業者に「受け取りません」と伝えてください。その際、事業者名、住所、電話番号、商品の名称、配達業者名を控えておくようにしてください。

質問 商品が送り付けられてきたら、「受け取りません」と配達業者に伝えるのですね。

回答 はい。一度だけのつもりで、商品を受け取り代金を支払ってしまうと、その情報が同業者に伝わり、二度、三度と繰り返し商品が送り付けられてくることがありますので必ず断ってください。

質問 それでも、注文していたと勘違いしたり、他に注文していたものと勘違いして商品を受け取ってしまったらどうしたらいいでしょうか。

回答 万が一、受け取って商品を開封してしまったり、代金を支払ってしまったとしても、解決できる場合がありますのでさいたま市消費生活センターにご相談ください。

質問 さいたま市消費生活センターに相談をすればよいのですね。

回答 はい、相談はさいたま市内の3つの消費生活センターで受け付けます。
大宮駅西口、JACK大宮ビル17階に総合センター、浦和駅東口、パルコビル・コムナーレ9階に浦和センター、岩槻区役所内に岩槻センターがあります。
大宮と浦和の2センターは9時から16時30分まで、岩槻センターは、9時から12時までと13時から16時30分まで相談を受付けます。
また、今回話した事例についてはさいたま市消費生活総合センターのホームページに「トラブル注意報」として掲載しています。ぜひご覧ください。

質問 いざと言うとき、こまったなぁと言うときには、1人で悩まず直ぐに相談をすることですね。

回答 はい。また、ご家族の方や、地域の方も、送り付け商法の被害に遭っていることに気付かない高齢者の方もいますので、少しでもあやしいと思ったら、さいたま市消費生活センターにご相談ください。

質問 どうもありがとうございました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る